TCP接続を開く 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: TCP VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

アドレスリモートポートまたはサービス名とのTCPネットワーク接続を開きます。

TCP接続を閉じる」関数を使用して接続を閉じます。

詳細  サンプル

アドレスは、接続を確立するアドレスです。 このアドレスは、IPのドット表記形式またはホスト名にできます。 アドレスを指定しない場合、LabVIEWはローカルコンピュータに接続を確立します。
リモートポートまたはサービス名は数値または文字列入力を受け入れます。 リモートポートまたはサービス名は、接続を確立したいサービスのポートまたは名前です。 サービス名を指定すると、LabVIEWはサーバが登録したポート番号を検出するためにNIサービスロケータをクエリします。 値0を配線した場合、LabVIEWはエラーを返します。
タイムアウト(ms)は、関数が完了してエラーを返すまで関数が待機する時間をミリ秒で指定します。 デフォルト値は60,000ミリ秒または1分です。 値-1を指定すると無限に待機します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ローカルポートはローカル接続ポートです。 一部のサーバでは、サーバに依存する特定範囲のポート番号を使用するクライアントにのみ接続できます。 値が0の場合、オペレーティングシステムでは使用されていないポートを選択します。 デフォルトは0です。
接続IDは、TCP接続を固有に識別するネットワーク接続Refnumです。 後続のVI呼び出しでこの接続を参照するには、この値を使用します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

TCP接続を開くの詳細

未使用のIPアドレスを配線すると、ネットワーク処理がユーザ定義またはシステムの時間制限を超過したことを通知するエラーを受信する場合があります。 このエラーは、デフォルトのタイムアウトの60,000 msが経過する前に発生します。 このエラーを解消するには、使用を試みているポートで起動およびリスン中のIPアドレスを配線します。

サンプル

TCP接続を開く関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Protocols\TCP\TCP Named ServiceディレクトリにあるTCP Named Service.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった