UDPマルチキャストを開く VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: UDP VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ポートUDPマルチキャストソケットを開きます。 使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。

サンプル

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

UDPマルチキャスト読み取り専用オープン

ネットアドレスはリスンするネットワークアドレスを指定します。 2つのイーサネットカードなど、複数のネットワークカードがあり、指定されたアドレスのカードのみリスンする場合に役立ちます。 ネットワークアドレスを指定しない場合、LabVIEWはすべてのネットワークアドレスでリスンします。 このVIは、デフォルトのネットワークアドレスのみでブロードキャストを行います。

文字列をIPアドレスに変換」関数を使用して、現在のコンピュータのIPネットワークアドレスを取得します。
ポートは、UDPソケットを作成するローカルポートです。
マルチキャストアドレスは加入するマルチキャストグループのIPアドレスです。 アドレスを指定しない場合、マルチキャストグループに加入されず、書き込み専用の接続が返されます。 マルチキャストグループアドレスは、224.0.0.0から239.255.255.255の範囲になります。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
接続IDは、UDPソケットを固有に識別するネットワーク接続refnumです。 この値を使用して、後に続くVIの呼び出しでこのソケットを参照します。
ポート出力は、この関数が使用したポート番号を返します。 入力ポートが0でない場合、出力ポート番号は入力ポート番号と等しくなります。 0をポート入力に配線し、オペレーティングシステムが有効と判断する利用可能なUDPポートを動的に選択します。 Internet Assigned Numbers Authority(IANA)により定義されているとおり、有効なポート番号の範囲は49152~65535です。 Well Knownポートの範囲は0~1023、Registeredポートの範囲は1024~49151です。 一部のオペレーティングシステムは、IANA規格に準拠していません。たとえば、Windowsは1024~5000の範囲のダイナミックポートを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

UDPマルチキャスト読み取り-書き込みオープン

ネットアドレスはリスンするネットワークアドレスを指定します。 2つのイーサネットカードなど、複数のネットワークカードがあり、指定されたアドレスのカードのみリスンする場合に役立ちます。 ネットワークアドレスを指定しない場合、LabVIEWはすべてのネットワークアドレスでリスンします。 このVIは、デフォルトのネットワークアドレスのみでブロードキャストを行います。

文字列をIPアドレスに変換」関数を使用して、現在のコンピュータのIPネットワークアドレスを取得します。
ポートは、UDPソケットを作成するローカルポートです。
マルチキャストアドレスは加入するマルチキャストグループのIPアドレスです。 アドレスを指定しない場合、マルチキャストグループに加入されず、書き込み専用の接続が返されます。 マルチキャストグループアドレスは、224.0.0.0から239.255.255.255の範囲になります。
有効期間(TTL)は、データグラムを転送するルータの数(-1)を指定します。 有効期間はこのソケットを使用するすべてのデータグラムに適用されます。 以下の表は、TTLパラメータの値を指定する際、マルチキャストデータダイアグラムで発生する動作についてのリストです。 デフォルト値は1です。

>1データグラムが送信され、ルータによってTTL-1レイヤに転送されます。
0データグラムはホストコンピュータに残ります。
1データグラムは、そのIPアドレスにサブスクライブする同一ローカルサブネット上のすべてのクライアントに送信されます。 ハブ/リピータおよびブリッジ/スイッチはデータグラムを転送します。 TTLが1の場合、ルータはデータグラムを転送しません。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
接続IDは、UDPソケットを固有に識別するネットワーク接続refnumです。 この値を使用して、後に続くVIの呼び出しでこのソケットを参照します。
ポート出力は、この関数が使用したポート番号を返します。 入力ポートが0でない場合、出力ポート番号は入力ポート番号と等しくなります。 0をポート入力に配線し、オペレーティングシステムが有効と判断する利用可能なUDPポートを動的に選択します。 Internet Assigned Numbers Authority(IANA)により定義されているとおり、有効なポート番号の範囲は49152~65535です。 Well Knownポートの範囲は0~1023、Registeredポートの範囲は1024~49151です。 一部のオペレーティングシステムは、IANA規格に準拠していません。たとえば、Windowsは1024~5000の範囲のダイナミックポートを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

UDPマルチキャスト書き込み専用オープン

ネットアドレスはリスンするネットワークアドレスを指定します。 2つのイーサネットカードなど、複数のネットワークカードがあり、指定されたアドレスのカードのみリスンする場合に役立ちます。 ネットワークアドレスを指定しない場合、LabVIEWはすべてのネットワークアドレスでリスンします。 このVIは、デフォルトのネットワークアドレスのみでブロードキャストを行います。

文字列をIPアドレスに変換」関数を使用して、現在のコンピュータのIPネットワークアドレスを取得します。
ポートは、UDPソケットを作成するローカルポートです。
有効期間(TTL)は、データグラムを転送するルータの数(-1)を指定します。 有効期間はこのソケットを使用するすべてのデータグラムに適用されます。 以下の表は、TTLパラメータの値を指定する際、マルチキャストデータダイアグラムで発生する動作についてのリストです。 デフォルト値は1です。

>1データグラムが送信され、ルータによってTTL-1レイヤに転送されます。
0データグラムはホストコンピュータに残ります。
1データグラムは、そのIPアドレスにサブスクライブする同一ローカルサブネット上のすべてのクライアントに送信されます。 ハブ/リピータおよびブリッジ/スイッチはデータグラムを転送します。 TTLが1の場合、ルータはデータグラムを転送しません。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
接続IDは、UDPソケットを固有に識別するネットワーク接続refnumです。 この値を使用して、後に続くVIの呼び出しでこのソケットを参照します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

UDPマルチキャストを開くVIの使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Protocols\UDP\UDP MulticastディレクトリにあるUDP Multicast.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった