配列、行列&クラスタ制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

他の制御器と表示器のデータ要素をグループ化するには、配列およびクラスタの制御器および表示器を使用します。行列データを入力および表示するには、行列制御器および表示器を使用します。

メモ  使用できる配列、行列、またはクラスタ制御器および表示器は、選択したサブパレットにより異なる場合があります。使用できる配列、行列、またはクラスタ制御器および表示器については、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットを参照してください。
  • 配列制御器および表示器—他の制御器および表示器からのタイプの同じデータ要素をまとめるために使用します。たとえば、データに温度とタイムスタンプが含まれており、それらを別々の列に格納したい場合には2D配列を使用します。
  • 行列制御器および表示器—行または列に並んだ実数または複素数のスカラデータを線形代数演算などの数学演算用にまとめるために使用します。たとえば、数学VIの行列結果を返すには、行列表示器を使用します。
  • クラスタ制御器および表示器—他の制御器および表示器からの論理的には同属だがタイプが異なるデータ要素をまとめるために使用します。たとえば、エラー情報を渡すためにエラークラスタを使用します。
ヒント  行列の場合、すべての行列を表すには、ComplexMatrix.ctlを使用します。行列に含まれるのが実数のみの場合は、ストレージ要件を減少させ、より正確な結果を得るために、RealMatrix.ctlを使用します。

関連情報

配列やクラスタでデータをグループ化する

行列を使用する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった