不正な依存項目を防止する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIが別のファイルに依存する場合、トップレベルVIはそのサブVIへのパスを保存します。これにより、トップレベルVIのロード時にすべてのサブVIがロードされます。

LabVIEWは、サブVIが見つからない場合、ディスクの他の場所でそのファイルを検索します。同じファイル名を持つ誤ったサブVIが検索されると、クロスリンクが発生します。

誤った依存項目のロードを防止するために、以下の点に留意してください。

  • プロジェクトにすべてのVIを追加し、ディスクのファイルを移動する際はプロジェクトエクスプローラウィンドウを使用します。個々のサブVIを移動すると、そのサブVIに依存するVIが自動的に修正、保存されます。
  • プロジェクトエクスプローラウィンドウに含まれていないサブVIをディスク上で移動するには、そのファイルへの相対パスが変わらないよう、アプリケーションに関連するすべてのVIを含むディレクトリを移動してください。ただし、LabVIEWインストール時に作成されるディレクトリvi.libinstr.libuser.libなど)内のサブVIを参照する場合は、トップレベルVIに関連付けられたサブVIを移動する必要はありません。
  • 同じファイル名のVIが2つある場合は、プロジェクトライブラリ名でVIのファイル名を修飾します。アプリケーションが同じ名前の2つのVIを参照する場合、誤ったVIがロードされたり、両方のVIのロードが試みられる可能性があります。同じファイル名を持つ2つのファイルのロードが試みられると、競合の一覧を表示する競合解決ダイアログボックスが開きます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった