ブール制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ボタン、スイッチ、LEDライトなどのオブジェクトにブール(TRUE/FALSE)値を入力および表示するには、ブールサブパレットにあるブール制御器および表示器を使用します。以下のリストで、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットで使用できるブール制御器の一般的な用途を説明します。

メモ  使用できるブール制御器および表示器は、選択したサブパレットにより異なる場合があります。使用できるブール制御器および表示器については、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットを参照してください。
  • ボタン—ボタンを押すことにより、コマンドを選択する制御器として使用します。
  • ロッカ、トグル、スイッチ—オブジェクトを1つの位置から別の位置にロック、切り替え、またはスイッチすることにより、コマンドを選択する制御器として使用します。
  • LED—条件が満たされたことを示す表示器として使用します。LabVIEWは、条件が満たされているかどうかに応じてライトを付けたり、消したりします。
  • ラジオボタン—選択肢からコマンドを選択する制御器として使用します。
  • チェックボックス—(システムパレットのみ)1つのオプションだけが選択可能なときに、TRUEまたはFALSEの状態を選択する制御器として使用します。
  • 3ステートチェックボックス—(システムパレットのみ)複数のオブジェクトのプロパティにTRUEとFALSEの両方がある場合にそれらを同時に設定するときなどに、TRUE、FALSE、またはMIXEDを選択する制御器として使用します。

関連情報

ブール制御器および表示器を作成、操作する

ラジオボタン制御器を作成する

3ステートチェックボックスを構成する

ブール制御器の機械的動作

オシロスコープやマルチメータなどの実際の計測器の動作に似たフロントパネルを作成するには、ブール制御器の構成可能な機械的動作を使用します。スイッチ動作とラッチ動作は、どちらもブール制御器の値を変更するという点で似ています。動作の違いは、制御器の値がどのように以前の値に戻るかです。

  • スイッチ動作—ユーザだけが制御器の値を以前の値に戻せるようにするには、スイッチ動作を使用します。
  • ラッチ動作—制御器を読み取るVIが制御器の値を以前の値に戻せるようにするには、ラッチ動作を使用します。ユーザも制御器の値を以前の値に戻せますが、戻せるのはVIが制御器を読み取る前のみです。
メモ  ラッチ動作はローカル変数と一緒に使用することはできません。また、イベントストラクチャと一緒に使用するラッチ動作の端子は、通常、値変更イベントフレーム内に配置します。

ブール制御器を右クリックして、機械的動作メニューから動作のオプションを選択します。以下の表に、スイッチおよびラッチの3種類の動作について説明します。

動作 使用目的
押されたらスイッチ 制御器がクリックされると、すぐに現在の値を変更し、もう一度クリックされるまで新しい値を保持する制御器として使用します。 照明のスイッチ—照明は制御器を切り替えるとすぐに点灯し、もう一度制御器を切り替えるまでその状態を保持します。
放されたらスイッチ マウスボタンが放されると、すぐに現在の値を変更し、もう一度クリックされるまで新しい値を保持する制御器として使用します。 チェックボックス—チェックボックスは、マウスボタンを放した後に初めて値を変更します。このため、クリックした後でも、マウスボタンを放す前にカーソルをチェックボックスの外側に離すことで考え直すことができます。
放されるまでスイッチ マウスボタンがクリックされたまま保持されたときにのみ、現在の値を変更し、マウスボタンが放されると前の値に戻します。 ドアベル—ベルは、ボタンを押すとすぐに鳴り、ボタンを放すまで鳴り続けます。
押されたらラッチ 制御器がクリックされると、すぐに現在の値を変更し、VIが制御器を読み取った後、前の値に戻す制御器として使用します。 緊急停止ボタン—ボタンが押されるとすぐにシステムは停止しますが、システムはチームの変更を読み取るとすぐにボタンはリセットされ、もう一度ボタンを押すことが可能になります。
放されたらラッチ マウスボタンが放されたときに現在の値を変更し、VIが制御器を読み取った後、前の値に戻す制御器として使用します。 閉じるボタン—ボタンは、マウスボタンを放して、アプリケーションが値の変更を読み取った後で初めてプログラムを閉じます。このため、クリックした後でも、マウスボタンを放す前にカーソルをチェックボックスの外側に離すことで考え直すことができます。
放されるまでラッチ マウスボタンがクリックされたまま保持されたときにのみ、現在の値を変更します。マウスボタンが放されたとき、VIが制御器を読み取った後で、値は前の値に戻ります。 ロボット動作制御器—動作制御器は、制御器が押されている間だけ、ロボットに動作を命じます。制御器が放されて、ロボットのシステムが制御器を読み取ると、ロボットは前の状態(動作なし)に戻ります。
メモ  (FPGAモジュール) FPGAターゲットでは、押されたらスイッチ放されたらスイッチ、または放されるまでスイッチを制御器として使用し、ホストVIからFPGAターゲットに新しい値が書き込まれたら現在の値を変更し、ホストVIからまた新しい値が書き込まれるまでその値を維持します。ホストVIからFPGAターゲットに新しい値が書き込まれると現在の値を変更し、FPGAターゲットが新しい値を読み取ったら前の値に戻す場合は、押されたらラッチ放されたらラッチ、または放されるまでラッチを制御器として使用します。

関連情報

ブールオブジェクトの機械的動作を変更する

ブールオブジェクトの機械的動作をプレビューする



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった