フロントパネルを構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

フロントパネルオブジェクトのタブ順序を設定したり、インポートしたグラフィックを使用したり、ウィンドウサイズの変更時にフロントパネルオブジェクトを自動でサイズ変更するように設定するなど、フロントパネルをカスタマイズすることができます。

制御器にキーボードショートカットを設定する

制御器にキーボードショートカットを割り当てると、マウスを使用せずにフロントパネルを操作できます。制御器を右クリックしてショートカットメニューから上級→キー操作を選択して、プロパティダイアログボックスのキー操作ページを表示します。

メモ  LabVIEWは非表示の制御器のキーボードショートカットに反応しません。

VIの実行中にキーボードショートカットを押すと、関連した制御器にフォーカスが移動します。制御器がテキスト制御器または数値制御器の場合、LabVIEWはテキストをハイライトして編集可能にします。制御器がブールの場合、スペースキーまたはキーボードまたは数値キーパッドの<Enter>キーを押して値を変更します。

表示器にはデータを入力できないため、上級→キー操作ショートカットメニューは淡色表示になっています。

メモ  キーボードの特定のキーが押されたときにイベントを発生させるためにキーダウンイベントを使用させることもできます。

キー操作でボタン動作を制御する

フロントパネルの動作を制御するさまざまなボタンにファンクションキーを関連付けることができます。

メモ  (macOS) ファンクションキーを使用したキーボードショートカットは、ファンクションキーがExposに割り当てられていない場合のみ有効です。macOSでは、LabVIEWは、<VolumeUp>、<VolumeDown>、<F15>~<F24>のファンクションキーをショートカットキーとしてサポートしていません。

VIのボタンを、ダイアログボックスボタンと同様に動作するよう構成できます。たとえば、キーボードまたは数値キーパッドの<Enter>キーを押す操作が、ボタンをクリックした場合と同じ結果になるように定義できます。<Enter>キーをダイアログボックスのボタンに関連付けると、自動的にそのボタンの周りが太い枠で囲まれます。

ブール制御器を選択して<Enter>キーを押すと、他の制御器がキーボードショートカットとして<Enter>キーを使用している場合でも、そのブール制御器は変更されます。割り当てられた<Enter>キーボードショートカットは、ブール制御器が選択されていない場合のみに適用されます。

フロントパネルオブジェクトのタブ順序を設定する

フロントパネル上の制御器および表示器には、タブ順序と呼ばれる順序がありますが、これはフロントパネル上の制御器と表示器の位置とは無関係です。タブ順序は、各制御器がフロントパネルに配置された順番に応じて決定されます。フロントパネル上に最初に作成した制御器および表示器は、要素0、2番目は要素1、というようになります。制御器または表示器を削除すると、タブ順序は自動的に調整されます。

タブ順序は、VIの実行中にユーザが<Tab>キーを押したときに、LabVIEWが制御器および表示器を選択する順序を決定するものです。また、フロントパネルデータをログに記録するときに作成するデータログファイルのレコード内に表示される制御器と表示器の順序も指定されます。

フロントパネルオブジェクトのタブ順序を設定するには、編集→タブ順序を設定を選択します。

VIの実行中に<Tab>キーを押してユーザが制御器にアクセスできないようにするには、プロパティダイアログボックスのキー操作ページでこの制御器をとばすチェックボックスをオンにします。

メモ  スプリッタバーをフロントパネルに追加し、ペーンを作成する場合、フロントパネルのオブジェクトのタブ順序は変更されません。任意のペーンの制御器は、タブ順序で次の制御器となる場合があります。

オブジェクトの色を決める

LabVIEWでは多くのオブジェクトの色を変更することができます。ほとんどのフロントパネルオブジェクト、ペーン、フロントパネル、ブロックダイアグラムの作業スペースの色を変更できます。システム制御器および表示器は、オブジェクトがシステムに設定された色で表示されるため、色を変更できません。

フロントパネルオブジェクト、ペーン、フロントパネル、lブロックダイアグラムの作業スペースの色を変更するには、色付けツールを選択してオブジェクトまたは作業スペースを右クリックします。また一部のオブジェクトでは、ツール→オプションを選択して、カテゴリリストから環境を選択してデフォルトの色を変更することができます。

フロントパネルで色を使用する場合は、以下のガイドランを参照してください。

  • 色使いによって重要な情報が目立たなくなる場合があります。たとえば、背景が黄色、緑色、鮮やかなオレンジ色などの場合、危険を知らせる赤いライトが見えにくくなります。
  • プラットフォームによっては色を制限している場合もあります。他のプラットフォームとの統一を保つには、黒、白、グレーを使用するのが最良のオプションです。
  • デバイス状態の唯一のインジケータとして色を使用しないでください。色を識別できなくても状態の変化を検知できるように、プロットのラインスタイルなどの識別方法を追加してください。
  • 背景には、明るいグレー、白、またはパステルカラーを使用してください。背景やフロントパネルのオブジェクトには、カラーパレットの上から1段目にある色を使用してください。エラーの通知などの重要な制御器をハイライトするには、カラーパレットの上から2段目にある色を使用してください。

インポートされたグラフィックを使用する

他のアプリケーションから画像をインポートして、ペーンの背景、リング制御器の項目、その他の制御器および表示器の一部として使用できます。

LabVIEWは、BMP、JPEG、動画GIF、MNG、動画MNG、およびPNGなど、ほとんどの標準グラフィック形式をサポートしています。LabVIEWは透明の動画もサポートします。

ただし、インポートされたグラフィックにより画面更新が遅くなることがあります。表示器の更新のたびにオブジェクトを再描画する必要のないように、グラフィックオブジェクトの一番上に表示器および制御器を配置することをできるだけ避けてください。

ヒント  大きな背景のピクチャの上に制御器を配置する必要がある場合、通常、大きなピクチャは小さいピクチャよりも描画に長い時間がかかるため、大きなピクチャを複数の小さいオブジェクトに分割し、分割したピクチャを別々にインポートします。

画像をインポートするには、以下のいずれかの方法を使用します。

Windows

macOS

Linux

ヒント  別のプラットフォームにVIをロードする場合、インポートされたグラフィックがどのように表示されるかを確認します。たとえば、不規則な形があるmacOS PICTファイルはWindowsやLinuxでは白い背景で四角形のビットマップに変換されることがあります。

グラフィックをインポートした後、画像のサイズまたは順序を変更する必要がある場合があります。インポートされたGIFのサイズを変更することはできません。

グラフィックをフロントパネルにインポートする

以下のいずれかの方法を使用して、フロントパネルの背景のグラフィックをインポートします。

  • ペーンのスクロールバーを右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択してペーンプロパティダイアログボックスを表示します。背景タブで、背景参照位置オプションを使用してペーンの背景画像を設定します。
  • クリップボードにグラフィックをコピーし、フロントパネルに貼り付けます。また、編集→クリップボードにピクチャをインポートを選択して、フロントパネルにグラフィックを貼り付けることもできます。
メモ  (WindowsおよびmacOS) 画像をコピーと貼り付けによってインポートした場合、画像の透明度は失われます。

オブジェクトを整列および均等に配置する

フロントパネル上でアライメントグリッドを有効にし、オブジェクトを配置するときにオブジェクトを整列するようにするには、編集→パネルグリッドアライメントを有効を選択します。アライメントグリッドを無効にし、グリッドを表示してオブジェクトを手動で整列させるには、編集→アライメントグリッドを無効にするを選択します。また、<Ctrl-#>キーを押して、アライメントグリッドを有効または無効にすることができます。(フランス語のキーボードでは <Ctrl-”>)

(macOS) <Command-*>キーを押します。(Linux) <Alt-#>キーを押します。

また、ブロックダイアグラム上にあるアライメントグリッドを使用することもできます。オブジェクトが1列に並び等間隔で配置されている場合は、オブジェクトを直線のワイヤでつなぐことができます。これにより、ブロックダイアグラムが読みやすくなります。

ツール→オプションを選択し、カテゴリリストからフロントパネルを選択して、グリッドを非表示およびカスタマイズすることができます。

配置後にオブジェクトを整列させるには、オブジェクトを選択して、ツールバー上のオブジェクトを整列プルダウンメニューを選択するか、編集→項目を整列を選択します。オブジェクトを等間隔に配置するには、オブジェクトを選択して、ツールバー上のオブジェクトを均等に整列プルダウンメニューを選択するか、編集→項目を均等に整列を選択します。

オブジェクトをグループ化およびロックする

グループ化してロックするフロントパネルオブジェクトを選択するには、位置決めツールを使用します。ツールバー上の並べ替えボタンをクリックし、プルダウンメニューからグループまたはロックを選択します。位置決めツールでオブジェクトを移動してサイズを変更する場合、グループ化されたオブジェクトの相対位置とサイズが固定されます。ロックされたオブジェクトは、フロントパネルの位置を保持します。オブジェクトのグループ解除またはロック解除を行うまで、フロントパネルまたはブロックダイアグラムからグループ化またはロックされたオブジェクトを削除することはできません。グループ化とロックを同時にオブジェクトに設定できます。オブジェクトを同時にグループ化またはロックされるように設定する場合、フロントパネルまたはブロックダイアグラムからオブジェクトを削除する前に、それらのオブジェクトをグループ解除またはロック解除する必要があります。位置決めツール以外のツールはグループ化またはロックされたオブジェクトと正常に動作します。

オブジェクトをサイズ変更する

ほとんどのフロントパネルオブジェクトは、サイズを変更することができます。位置決めツールをサイズ変更可能なオブジェクトに移動すると、オブジェクトをサイズ変更できる部分にサイズ変更ハンドルが表示されます。オブジェクトをサイズ変更しても、フォントサイズはそのままです。オブジェクトのグループをサイズ変更すると、グループ内のすべてのオブジェクトがサイズ変更されます。

デジタル数値制御器および表示器などの一部のオブジェクトはサイズ変更すると、水平または垂直方向にのみサイズが変わります。ノブなどのオブジェクトはサイズ変更しても同じ比率を維持します。位置決めカーソルは同じように表示されますが、オブジェクトを囲んでいる破線の枠は一方向にしか動きません。

オブジェクトをサイズ変更するとき、手動でサイズ変更の方向を制限できます。変更可能なサイズ(高さまたは幅)を制限するか、またはオブジェクトの現在の比率を維持するには、<Shift>キーを押しながらサイズ変更ハンドルをクリックアンドドラッグしてください。オブジェクトの中心点の周辺でオブジェクトのサイズを変更するには、<Ctrl>キーを押しながらサイズ変更ハンドルをクリックしてドラッグします。垂直方向または水平方向にサイズが変更されることを制限する、オブジェクトの現在の比率を維持する、またはオブジェクトの中心点の周りでサイズ調整するには、<Ctrl-Shift>キーを押しながらサイズ変更ハンドルをクリックアンドドラッグします。

(macOS) <Ctrl>キーのかわりに<Option>キーを押します。(Linux) <Ctrl>キーのかわりに<Alt>キーを押します。

配置後にオブジェクトを整列させるには、オブジェクトを選択して、ツールバー上のオブジェクトのサイズ変更プルダウンメニューを選択します。選択されたすべてのオブジェクトを最大または最小のオブジェクトの幅/高さにサイズ変更したり、選択されたすべてのオブジェクトをピクセル単位で特定のサイズに変更することができます。スプリッタバーをフロントパネルに追加し、ペーンを作成する場合、<Shift>キーを押し、サイズ変更したいオブジェクトを選択して、複数のペーンでオブジェクトを選択することができます。

フロントパネルオブジェクトをスケールする

ペーンをサイズ変更するときに、フロントパネルオブジェクトをスケールしたり、ペーンサイズに応じて自動的にサイズが変わるように設定できます。フロントパネル上の1つのオブジェクトをスケールしたり、ペーン全体のすべてのオブジェクトをスケールすることができます。ただし、すべてのオブジェクトをスケールするように設定する、あらかじめオブジェクトをグループ化する、またはオブジェクトが異なるペーンにある以外は、複数のオブジェクトをフロントパネルでスケールするように設定できません。また、ペーン全体にわたって1つのオブジェクトをフルに表示することもできます。

ペーンのサイズを変更するときに1つのオブジェクトを自動的にスケールするように設定するには、オブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューからオブジェクトをペーンと一緒にスケールを選択します。1つのフロントパネルオブジェクトをスケールするように設定した場合、ペーンのサイズ変更に応じてオブジェクトは自動的にサイズ変更されます。フロントパネル上の他のオブジェクトはフロントパネル上の以前の配置と一致するように再配置されますが、ペーンの新しいサイズに合わせてスケールされることはありません。

以下のフロントパネルのように、自動スケールする1つのオブジェクトをフロントパネル上で指定すると、フロントパネル上のいくつかの領域が灰色の線で囲まれます。この領域では、他のフロントパネルオブジェクトの位置は、スケールするオブジェクトを基準に定義されます。ペーンをサイズ変更すると、自動スケールされるように設定したオブジェクトはサイズ変更され、元の位置を基準に再配置されます。灰色の線はVIを実行すると消えます。

ペーンのサイズを変更したときにオブジェクトが自動的にスケールされるように設定するには、スプリッタバーを右クリックし、ショートカットメニューからペーンサイズ変更→サイズ変更中にオブジェクトをスケールを選択します。ペーンでスケールする項目は、ペーンのサイズ変更が終了した時ではなく、ペーンをサイズ変更している間に、スケールされます。ペーンのサイズを変更するときに付属するペーンですべてのオブジェクトを自動的にスケールするように設定するには、スプリッタバーを右クリックし、ショートカットメニューからペーンサイズ変更→すべてのオブジェクトをペーンと一緒にスケールを選択します。すべてのオブジェクトをスケールするように設定した場合、ペーンのサイズ変更に応じてすべてのオブジェクトが自動的にサイズ変更および再配置されます。ペーン上のすべてのオブジェクトをスケールするように設定するときに、ペーン上の1つのオブジェクトが既にスケールするように設定されている場合は、ペーン上の1つのオブジェクトか、またはすべてのオブジェクトを自動的にスケールするように設定するかを選択するように要求するダイアログボックスが表示されます。また、スケールモードを設定メソッドを使用して、すべてのペーンのオブジェクトをプログラム的にスケールするように設定することもできます。

LabVIEWがオブジェクトを自動的にスケールするときは、ユーザが手動でオブジェクトをサイズ変更したときと同じ規約に従います。たとえば、一部のオブジェクトは水平または垂直方向にのみサイズ変更でき、フォントサイズはオブジェクトがサイズ変更されても同じサイズのままです。

オブジェクトを自動的にスケールした後、ペーンのサイズを変更して元の位置に戻してもオブジェクトが正確に元のサイズに戻らないことがあります。元のフロントパネルウィンドウとオブジェクトのサイズを復元するには、VIを保存する前に編集→取り消しを選択します。

配列をスケールするように設定したり、配列内のオブジェクトをスケールするように設定できます。配列をスケールするように設定する場合は、配列内に表示することができる行および列の数を調整します。配列内のオブジェクトをスケールするように設定すると、サイズは異なっても常に同じ数の行および列が配列内に表示されます。

クラスタをスケールするように設定したり、クラスタ内のオブジェクトをスケールするように設定することもできます。クラスタをスケールするように設定しても、クラスタ内のオブジェクトはスケールされません。クラスタ内のオブジェクトをスケールするように設定すると、クラスタを右クリックして、ショートカットメニューから自動サイズ調整→合うようにサイズ変更を選択しない限り、クラスタはスケールされません。

ペーン全体にわたって1つのオブジェクトをフルに表示するには、オブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューからペーンに制御器を合わせるを選択します。オブジェクトがペーンの中で唯一のオブジェクトでないと、ペーンに合わせるように選択されたオブジェクトによってその他のオブジェクトが重なり合ってしまいます。オブジェクトは、ペーン全体に表示されるようサイズ変更されます。ペーンのサイズ変更を変更すると、オブジェクトのサイズもそれに相対して自動的に変更されます。

ウィンドウをサイズ変更せずにフロントパネルでスペースを追加または縮小する

ウィンドウのサイズを変更せずにフロントパネルでスペースを追加または縮小することができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった