コンテナ制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

コンテナパレットおよびクラシックコンテナパレットにあるコンテナ制御器を使用して、制御器と表示器をグループ化、または作業中のVIのフロントパネルに別のVIのフロントパネルを表示します。(Windows)また、コンテナ制御器を使用して、.NETおよびActiveXオブジェクトをフロントパネルに表示できます。

タブ制御器

タブ制御器を使用すると、フロントパネル制御器および表示器を狭い領域内で重ねることができます。タブ制御器は、ページとタブで構成されています。タブ制御器の各ページにフロントパネルオブジェクトを配置し、タブをセレクタとして使用して複数のページを表示します。

タブ制御器は、複数のフロントパネルオブジェクトを合わせて使用する場合や、操作の特定の段階において役に立ちます。たとえば、テスト用のVIで、テスト開始前にユーザによる設定が必要な場合、タブ制御器によってテスト実行中の設定変更を可能にし、妥当なデータのみが表示、保存されるようにすることができます。

ブロックダイアグラムでは、タブ制御器は列挙体制御器です。タブ制御器上の制御器および表示器の端子は、他のブロックダイアグラム端子として表示されます。

サブパネル制御器

サブパネル制御器を使用して、現在のVIのフロントパネル上に他のVIのフロントパネルを表示します。たとえば、サブパネル制御器を使用して、ウィザードのような動作をするユーザインタフェースを設計することができます。戻るボタンおよび次へボタンをトップレベルのフロントパネルに配置して、サブパネル制御器を使用してウィザードの各ステップの異なるフロントパネルをロードします。

フロントパネル上にサブパネル制御器を配置した場合、LabVIEWはブロックダイアグラム上でその制御器に対する端子を作成しません。その代わりに、選択されたVIを挿入メソッドを使用して、ブロックダイアグラムでインボークノードを作成します。サブパネル制御器でVIをロードするには、そのVIのリファレンスをインボークノードに配線します。

メモ  サブパネル制御器は端子を持たないため、サブパネル制御器の配列、およびサブパネルのタイプ定義を作成することはできません。サブパネル制御器をクラスタに配置して、サブパネル制御器を他の制御器とともにグループ化できますが、クラスタにはサブパネル制御器のみを含むことはできません。

ロードするVIのフロントパネルが開いている場合、または同じフロントパネルに他のサブパネル制御器をロードした場合、LabVIEWはエラーを返し、サブパネル制御器で再入可能ではないフロントパネルをロードできなくなります。また、リモートアプリケーションインスタンスでVIのフロントパネルをロードして、フロントパネルを再帰的にロードすることもできません。

実行されていないVIをロードすると、サブパネルのVIは編集モードでロードされます。

LabVIEWは、サブパネル制御器にロードしたVIのフロントパネルの可視領域のみを表示します。サブパネル制御器を含むVIの実行を停止した後、サブパネル制御器のフロントパネルは消去されます。また、VIを削除メソッドを使用すると、サブパネル制御器でVIをアンロードできます。

サブパネル制御器を使用するサンプルについては、labview\examples\Controls and Indicators\Containers\Containers.lvprojを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった