XControlの外観機能を使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

外観機能は、XControlの外観を定義します。外観機能は外観VIによって表されます。XControlは外観機能を必要とするため、XControlを作成すると自動的に外観VIがXControlライブラリに追加されます。外観VIは、再入可能VIである必要があります。

外観VIを編集する

LabVIEW制御器および表示器を外観VIに追加して、XControlのフロントパネルを作成します。デフォルトでは、外観VIにはデータおよび表示状態が含まれ、コンテナ状態は、データ、表示状態、動作表示器を制御します。これらの制御器および表示器は非表示で、XControlの外観の一部ではありません。フロントパネルウィンドウのサイズを変更して、XControlの外観を構成する制御器と表示器のみに合うようにします。外観VIのウィンドウの外観プロパティを設定して、XControlのサイズおよび外観を変更します。

外観VIのブロックダイアグラムは、フロントパネル制御器のイベントおよび外観VI自体を処理します。イベントストラクチャが内側にあるWhileループが含まれます。外観VIは連続的に実行するVIではありません。LabVIEWは、待機中のVIが処理するイベントがある場合にのみ外観VIを呼び出します。LabVIEWは、現在のデータ、表示状態、およびコンテナ状態を含む外観VIを呼び出します。VIはイベントを処理して、更新されたデータ、表示情報、および実行された動作のタイプを返します。

コンテナ状態クラスタを使用して、XControlのインスタンスに関する情報を提供します。コンテナ状態クラスタには、表示器?実行モード?refnumの3つの要素が含まれています。表示器?を使用して、XControlのインスタンスが制御器または表示器であるかどうかを決定します。実行モード?を使用して、XControlを使用するVIが実行中またはアイドル状態であるかどうかを決定します。所有VIを実行している場合は実行モード?はTRUEに設定されます。refnumは、XControlに関する情報をクエリする用途のみに使用するXControlのインスタンスのリファレンスです。refnumを使用して、外観VIからXControlのインスタンスを変更しないでください。

外観VIがデータまたは表示状態を変更する場合、動作クラスタを更新し、LabVIEWに変更を通知する必要があります。動作クラスタには、データの変更状態の変更、および動作名の3つの要素が含まれています。外観VIがデータ出力表示器に変更された場合、データの変更をTRUEに設定します。外観VIが表示状態出力表示器に変更された場合、状態の変更をTRUEに設定します。オプションで、動作名を使用して実行される動作の名前を付けます。この名前は、編集→取り消しオプションを選択すると表示されます。通常、外観VIはフロントパネル制御器で生成されたイベントに応じて、データまたは表示状態を変更します。

外観VIイベント

また、外観VIは、特定のユーザ操作に応じて生成されたイベントに対応します。これらのイベントには、データ変更表示状態を変更方向を変更、および実行状態変更イベントが含まれます。外観VIは、XControl関数が正しく実行されるためにデータ変更と表示状態を変更イベントを処理する必要があります。方向を変更および実行状態変更イベントの処理はオプションです。

外観VIを呼び出してこれらのイベントを処理します。たとえば、XControlをコピーする場合、LabVIEWでは4つのすべてのイベントを生成し、XControlの新規のインスタンスで外観VIを呼び出します。また、4つのすべてのイベントを生成し、XControlを含むVIのフロントパネルをロードする際に外観VIを呼び出します。XControlを含むVIで、モードの編集からモードの実行(あるいはモードの実行からモードの編集)へ切り替える場合、実行状態変更が生成され、VIの実行状態の変更に対応する外観VIを呼び出します。

編集→取り消しまたは編集→やり直しを選択する場合も、外観VIを呼び出します。外観VIの動作が状態を変更する前にXControlの表示状態が取り消されます。以前の状態は現在の表示状態に変わります。表示状態を変更イベントが生成され、取り消しまたはやり直しの動作の後XControlを更新する外観VIを呼び出します。

各イベントケースを編集して、XControlが各イベントにどのように対応するかを構成します。迅速に対応するXControlを作成するには、イベントをできるだけ迅速に処理して完了する外観VIを構成します。イベントストラクチャ内のWhileループの実行を遅延するために、待機関数を使用しないでください。

メモ  外観VIを使用して、XControlのショートカットメニューをプログラム的にカスタマイズすることもできます。ショートカットメニューエディタを使用してXControlのショートカットメニューをカスタマイズすることはできません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった