リスト、表、ツリー制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

リスト、表、ツリーパレットおよびクラシックリスト、表、ツリーパレットにあるリストボックス、ツリー制御器、表制御器と表示器を使用して、選択項目のリストを表示します。

リストボックス

リストボックスを構成して、1項目または複数項目の選択を受け入れるようにできます。項目サイズおよび作成日時等、各項目に関する詳細を表示するには、複数列リストボックスを使用します。

実行時にリストボックスに文字を入力すると、LabVIEWは入力された文字で始まるリストボックス内で最初の項目を選択します。入力した文字に一致する次または前の項目に移動するには、左右矢印キーを押します。リストボックスを右クリックして、ショートカットメニューから選択モード→行全体をハイライトを選択して、項目を選択する場合に行全体をハイライトします。

ディレクトリとファイルが異なる記号を持つLLBマネージャウィンドウのように、リスト項目の隣に記号を追加できます。リスト項目の間に区切り線を挿入することもできます。

プロパティノードを使用して、リスト項目を修正し、現在選択されている項目の検出または実行時にリストボックスで文字入力する際に大文字と小文字を区別する処理の設定など、リスト項目に関する情報を収集することができます。

リストボックスを使用するサンプルについては、以下のVIを参照してください。

  • Listbox VI: labview\examples\Controls and Indicators\Listbox

ツリー制御器

ツリー制御器を使用して、選択項目の階層リストをユーザに表示します。ツリー制御器に入力する項目を項目のグループまたはノードのグループにまとめます。ノードの隣にある展開記号をクリックすると、そのノード内にあるすべての項目が表示されます。

実行時にツリー制御器に文字を入力すると、LabVIEWは入力された文字で始まる文字列内の最初の項目をツリー制御器内で選択します。項目を選択し、ピリオド(.)キーを押して現在の項目をインデントするか、またはカンマ(,)キーを押して現在の項目を左に移動させることによって、ツリー制御器内の項目の階層を変更できます。ツリー制御器を右クリックして、ショートカットメニューから選択モード→行全体をハイライトを選択して、項目を選択する場合に行全体をハイライトします。

ツリー制御器内の項目は、リストボックスと同じ方法で構成します。また、各ノードの隣に表示される記号の種類を変更でき、ツリー制御器内でユーザが項目をドラッグアンドドロップできるかどうかを構成することもできます。

インボークノードを使用して、ツリー制御器内の項目を変更したり、ユーザがダブルクリックした場合にどの項目をダブルクリックしたかなど、項目に関する情報を収集することができます。ツリー制御器内で項目を追加すると、項目固有のタグが作成されます。このタグを使用して、項目を修正したり、項目の情報をプログラム的に収集します。各項目に対して作成されたタグを修正するには、ツリー制御器を右クリックしてショートカットメニューから項目を編集を選択します。

制御器を使用して、フロントパネルに表を作成します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった