数値制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWアプリケーションで数値データを入力および表示するには、フロントパネルで数値制御器および表示器を使用します。以下のリストで、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットで使用できる数値制御器の一般的な用途を説明します。

メモ  使用できる数値制御器および表示器は、選択したサブパレットにより異なる場合があります。使用できる数値制御器および表示器については、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットを参照してください。
数値制御器または表示器 説明
数値 数値データを入力または表示するために使用します。
タイムスタンプ 時刻と日付値を送信または取得するために使用します。
フィルスライド カスタマイズ可能なスケールが付いた垂直または水平スライドに数値データを表示するために使用します。
ポインタスライド カスタマイズ可能なスケールと正確な値の読み取り用ポインタが付いた垂直または水平スライドに数値データを表示するために使用します。
進行状況バー 垂直または水平バーに進行状況を表示するために使用します。
目盛り付きバー 値を均等部分に分割しやすいカスタマイズ可能な区切りの付いた垂直または水平バーに進行状況を表示するために使用します。たとえば、値が目標値の25%に到達したことを表示できます。
ノブ、ダイアル、メーター、ゲージ 数値データを回転式で入力または表示するために使用します。
タンクと温度計 実際のタンクや温度計に似た垂直スライドに数値データを表示するために使用します。
スクロールバー 四角のスクロールボックスをドラッグしたり、マウスホイールをスクロールしたり、増分矢印/減分矢印をクリックしたり、スクロールボックス間のスペースをクリックすることでデータのスクロールが可能な垂直スライドに数値データを表示するために使用します。
カラーボックス 特定の値に対応する色を表示するために使用します。たとえば、カラーボックスを使用すると、範囲外の値などのさまざまな状態を識別できます。
カラーランプ 数値データを色で表示するために使用します。入力値が変化するにつれて、表示はその値に割り当てられている色に変化します。
波形 数値データを波形で入力または表示するために使用します。
ヒント  数値制御器または表示器の既存の値を新しい値に置換するには、<Enter>キーを押す、デジタル表示ウィンドウの外側をクリックする、または入力ボタンをクリックします。VI実行時、LabVIEWはこのいずれかの操作が行われるのを待ってから新しい値を解釈します。たとえば、デジタル表示の値を135に変更中に、VIが135を受信する前に1や13を受信することはありません。
メモ  数値制御器または表示器を工学またはSI表記で表示し、表記法が複素数でない場合、LabVIEWはは、浮動小数点表記法を維持するために、すべての必要な接頭辞を単位文字列に追加します。

関連情報

数値表記法を変更する

数値制御器および表示器のデータ範囲を変更する

数値制御器および表示器の形式と精度を変更する

タイムスタンプ制御器で時間と日付を構成する

スケールを持つ数値オブジェクトの値を変更する

マウスホイールを構成する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった