リングと列挙体制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

リング&列挙体パレットまたはクラシックリング&列挙体パレットにあるリングおよび列挙体制御器と表示器を使用して、繰り返し表示できる文字列リストを作成します。

リング制御器

リング制御器は、数値を文字列またはピクチャに関連付ける数値オブジェクトです。リング制御器は、選択肢を繰り返し表示できるプルダウンメニューとして表示されます。

リング制御器は、トリガモードなどの互いに排他的な項目を選択するときに便利です。たとえば、連続、単独、または外部トリガから選択する場合にはリング制御器を使用します。

リング制御器を右クリックしてショートカットメニューから項目を編集を選択すると、制御器のリング制御器リストに項目を追加できます。リングププロパティダイアログボックスの項目を編集ページ内の項目の順序により、制御器内の項目の順序が決定されます。ユーザが制御器に定義された項目リストのどのエントリにも関連付けられていない数値を入力できるように、リング制御器を構成することもできます。

実行時にリング制御器に未定義の数値を入力するには、制御器を左クリックしてショートカットメニューからその他を選択し、表示されたデジタル表示に数値を入力して、<Enter>キーを押します。未定義の値がリング制御器に括弧(<、>)付きで表示されます。未定義の値は、リング制御器リストには追加されません。

リング制御器の項目リストを構成する場合、各項目に特定の数値を割り当てることができます。項目に特定の数値を割り当てない場合、LabVIEWはリスト内の項目の順序に従って、最初の項目に値0を割り当て、以降連続する値を割り当てます。

列挙体制御器

選択する項目のリストを表示するには列挙体制御器を使用します。列挙体制御器、または列挙体は、どちらもサイクル可能な文字列のリストを持つという点で、テキストまたはメニューリング制御器に似ています。しかし、列挙体制御器は以下の点でリング制御器と異なります。

  • 列挙体制御器のデータタイプには、制御器と対応する文字列の数値に関する情報が含まれています。リング制御器のデータタイプは数値のみです。
  • 列挙体制御器の数値表現は、8、16、または32ビットの符号なし整数ですが、リング制御器ではその他の表現も使用できます。制御器の表記法を変更するには、制御器のいずれかのタイプを右クリックしてショートカットメニューから表記法を選択します。
  • ユーザが未定義の値を列挙体制御器に入力するようにすることはできません。また、特定の数値を列挙体制御器内の項目に割り当てることもできません。この機能が必要な場合は、リング制御器を使用してください。
  • 列挙体制御器の項目は編集時にしか編集できませんが、リング制御器の項目はプロパティノードを使用して実行時に編集できます。
  • 列挙体制御器をケースストラクチャのセレクタ端子に配線する際に、LabVIEWはケースを数値ではなく制御器の項目の文字列値に一致させます。リング制御器をケースストラクチャと使用する場合、LabVIEWはケースを項目の数値に一致させます。
  • 列挙体制御器をケースストラクチャのセレクタ端子に配線する場合、ストラクチャを右クリックしてすべての値にケースを追加を選択し、制御器の各項目の文字列値のケースを作成します。しかし、リング制御器をケースストラクチャのセレクタ端子に配線する場合、手動で各ケースを入力する必要があります。

「インクリメント」および「デクリメント」を除くすべての算術関数は、列挙体制御器を符号なし整数と同じように処理します。インクリメントは最後の列挙値を最初の値に変更し、デクリメントは最初の列挙値を最後の値に変更します。符号付き整数を列挙体に強制的に変換すると、負の値は最初の列挙値に変わり、範囲外の正の値は最後の列挙値に変わります。範囲外の符号なし整数は常に最後の列挙値に変わります。

浮動小数点数を列挙体表示器に配線する場合、浮動小数点数は列挙体表示器内の最も近い数値に強制的に変換されます。範囲外の数値は前述の説明と同様に処理されます。列挙体制御器を任意の数値に配線すると、列挙体の値は数値に強制的に変換されます。列挙体制御器を列挙体表示器に配線するには、表示器内の項目が制御器内の項目に一致している必要があります。ただし、表示器は制御器よりも多くの項目を持つことができます。

ヒント  列挙体制御器を使用している場合、常に制御器のタイプ定義を作成します。タイプ定義を作成すると、列挙体制御器に項目を追加したり削除するたびにコードを書き直す必要がなくなります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった