文字列およびパス制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

テキストを入力または表示するには、文字列制御器と表示器を使用します。ファイルまたはフォルダのパスを入力または表示するには、パス制御器および表示器を使用します。

実行時に文字列またはパス制御器からブロックダイアグラムに新しい値または変更した値を渡すには、テキストフィールドの外側をクリックします。デフォルトでは、LabVIEWはこの操作が行われるのを待って新しい値を解釈します。また、文字列制御器を右クリックして、ショートカットメニューからタイプ中に値を更新するを選択することにより、入力したときに文字列値を更新することができます。また、タイプ中に更新?プロパティを使用して、値をプログラム的に更新することもできます。

メモ  使用できる文字列およびパス制御器および表示器は、選択したサブパレットにより異なる場合があります。使用できる文字列およびパス制御器および表示器については、モダン、NXGスタイル、シルバー、システム、またはクラシックサブパレットを参照してください。

文字列制御器および表示器

文字列表示タイプ、およびパスワード表示や16進表示などの動作を変更するには、文字列制御器または表示器を右クリックします。また、ファイルI/OパレットのVIおよび関数を使用して、テキストファイルやスプレッドシートなどの外部ファイルに文字列を渡すこともできます。

関連情報

文字列制御器および表示器を構成する

文字列をフォーマットする

データを文字列でグループ化する

コンボボックス制御器

プルダウンメニューのように最後の選択肢の次の選択が最初に選択肢の戻る文字列リストを作成するには、コンボボックス制御器を使用します。コンボボックス制御器は、出力データが数値ではなく、文字列なので、リングや列挙体制御器とは異なります。

メモ  実行時にコンボボックス制御器に文字列を入力すると、LabVIEWは入力された文字で始まる最初の最短の文字列を選択します。入力された文字に一致する文字列がなく、制御器が未定義の文字列値を許可しない場合、LabVIEWは制御器に入力された文字を受け入れず、表示もしません。
ヒント  最後の選択肢まで到達した後に最初の選択肢に移動するには、↑と↓の矢印キーを押します。

関連情報

コンボボックス制御器の項目を編集する

コンボボックス文字列にカスタムの値を指定する

実行時にコンボボックス制御器で文字列を選択および入力する

パス制御器および表示器

ドロップが有効になっている場合には、パス、フォルダ、またはファイルを (Windows) Windowsエクスプローラ、または (macOS) Finderからドラッグすることによってパス制御器に配置できます。

メモ  ドロップはデフォルトで有効になっています。ドロップを無効にするには、パス制御器を右クリックして、ショートカットメニューから上級»ドロップを許可を選択します。

パス制御器および表示器の動作は文字列制御器および表示器に似ていますが、LabVIEWは使用しているプラットフォーム標準の構文を使用してパスをフォーマットします。

無効なパス

パスを返す関数が失敗すると、その関数は<無効パス>を表示器に返します。ユーザがパスを指定しなかった場合に検知するために<無効パス>値をパス制御器のデフォルト値として使用して、パスを選択するオプションを提供するファイルダイアログボックスを表示します。ファイルダイアログボックスを表示するには、「ファイルダイアログ」Express VIを使用します。

空のパス

パスの指定を促すプロンプトを表示するには、空のパスを使用します。パス制御器内の空のパスは、WindowsおよびmacOS 32ビットでは空の文字列として表示され、LinuxおよびmacOS 64ビットではスラッシュ (/) として表示されます。(Windows) ファイルI/O関数に空のパスを配線すると、空のパスはコンピュータにマップされたドライブの一覧を参照します。(macOS) 空パスは、マウントされたボリュームを参照します。(Linux) 空パスはルートディレクトリを参照します。

絶対および相対パス

相対パスは、ファイルシステムの任意の場所に対してのファイルまたはディレクトリの場所を表します。絶対パスは、ファイルまたはディレクトリの場所をファイルシステムの最上位から順に記述します。VIの相対パスを使用して、別のコンピュータでアプリケーションを作成したり、VIを実行する際パスを再設定することを回避します。

関連情報

ファイルパス

パス制御器の参照オプションを構成する

パス制御器の値を変更する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった