シェア変数の読み書きの方法を選択する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

シェア変数の読み書きの方法を選択する際には、次のような要素を考慮する必要があります。

  • 更新速度
  • プログラミングの複雑さ
  • 拡張性

次の表には、ネットワークを介してシェア変数を読み書きする場合に使用可能な各方法の使用例、利点、および欠点が記載されています。

メモ  次の機能を使ってシェア変数を読み書きするアプリケーションをプログラムした後、それらのシェア変数をデプロイしてネットワークで使用できるようにする必要があります。
シェア変数の読み書きの方法 推奨用途 利点 欠点
シェア変数関数をプログラム的に使用 多数のシェア変数を読み書きする場合。たとえば、特定のプロジェクトライブラリから倍精度データタイプの50個のシェア変数を読み込む必要がある場合、シェア変数をプログラム的に読み込む方法が最も効率的。
  • 1つのシェア変数関数が複数のシェア変数にアクセス可能。他の方法では、1度に1つのシェア変数のみを読み書き可能。
  • 拡張性あり。1つのプロジェクトにシェア変数を50個追加しても、各変数を読み書きするためにブロックダイアグラムを更新する必要がない。
  • I/O変数にアクセス可能。
特定の条件を満たすシェア変数を読み書きするアプリケーションをプログラムする必要があるため、他の方法と比べてプログラミングが複雑。
シェア変数ノードを使用
  • 少数のシェア変数を読み書きする場合。たとえば、10個のシェア変数の値を更新する必要がある場合は、シェア変数ノードを使用できる。
  • ヒューマンマシンインタフェース(HMI)アプリケーションで、データを高速レートで読み書きする場合。たとえば、温度センサの最新値を1秒に1回表示する場合は、シェア変数ノードを使用。
  • I/O変数にアクセス可能。
  • プログラミングが容易。シェア変数ノードをアプリケーションに追加するには、シェア変数をプロジェクトエクスプローラウィンドウからアプリケーションのブロックダイグラムへドラッグする。
  • LabVIEWは、各シェア変数ノードを対応するシェア変数の名前でラベル付けする。
  • 各シェア変数ノードは、1つのシェア変数にのみアクセス可能。
  • 拡張性なし。読み書きするシェア変数を追加するたびに、ブロックダイアグラムにシェア変数ノードを追加しなければならない。
制御器と表示器を使用 HMIアプリケーションで、データを低速レートで読み書きする場合。たとえば、温度センサの最新値を数秒に1回表示する場合は、表示器でシェア変数を読み取る。 プログラミングが容易。制御器または表示器でシェア変数を読み書きするには、シェア変数をプロジェクトエクスプローラからアプリケーションのフロントパネルへドラッグする。
  • データフローを強制しない。このため、読み書きするデータに対して実行可能な操作は限定される。
  • 各制御器および表示器がアクセスするシェア変数を指定しない。
  • シェア変数ノードを使用した場合よりも処理速度が遅い。
  • I/O変数にアクセスできない。
既存のデータソースを使用 シェア変数機能をサポートしないデータソースに対してシェア変数機能を使用する。たとえば、Real-Timeターゲットは、DSCモジュールのロギングおよびアラームプロパティをサポートしない。このため、Real-Timeターゲットのシェア変数に対してDSCモジュールのロギングおよびアラームプロパティを設定する必要がある場合は、開発用コンピュータ上に新規のシェア変数を作成し、そのシェア変数をCompactRIOターゲットのシェア変数で書き込んでから、開発用コンピュータでシェア変数をロギングやアラームを使用できるように構成する。
  • I/O変数にアクセス可能。
  • シェア変数に対して構成オプションを使用可能。
データソースに対してシェア変数機能を使用する必要がない場合や、データソースがすでに必要な機能をサポートする場合は、データソースを直接読み書きできるため、この方法は非効率的。
DataSocket関数を使用 MacおよびLinuxコンピュータからシェア変数を読み書きする。 DataSocket関数は、MacおよびLinuxコンピュータからシェア変数を読み書きする場合に使用できる唯一のプログラミングツール。
  • シェア変数の他の読み書きの方法と比べると、処理速度は遅い。
  • I/O変数にアクセスできない。
変数ウェブサービスを使用 HTTPをサポートするウェブ対応プラットフォームからシェア変数の読み書きを行う。
  • 変数ウェブサービスは、HTTPをサポートする多くのウェブ対応プラットフォームからシェア変数の読み書きを行うために使用できる唯一のプログラミングツールです。
  • I/O変数にアクセス可能。
HTTPをサポートする多くのウェブ対応プラットフォームでシェア変数機能を使用する必要がない場合、この方法は効率が悪く、他の方法よりも多くのプログラミングが必要になります。

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった