LabVIEWで.NETを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

.NET Frameworkを使用すると、パフォーマンス監視、イベントログ、ファイルシステムなどのWindowsサービスだけでなく、音声認識/合成サービスなどの上級Windows APIにもアクセスできます。また、.NET Frameworkは、ウェブプロトコル(SOAP、WSDL、UDDIなど)へのアクセスも提供します。

LabVIEWを.NETクライアントとして使用すると、.NETサーバに関連するオブジェクト、プロパティ、メソッド、およびイベントにアクセスできます。VIのフロントパネルで.NETユーザインタフェースコントロールをホスティングすることもできます。LabVIEWは.NETサーバではありませんが、.NETによるCOMオブジェクトのサポートを介してActiveXサーバインタフェースとリモートで通信できます。

メモ  LabVIEWで.NETオブジェクトを作成して通信するには、LabVIEWと一緒にインストールされる.NET CLR 4.0が必要です。.NET 2.0ミックスモードアセンブリをロードする場合は、.NET 2.0構成ファイルを使用する必要があります。LabVIEWにおける.NETに関する制限事項の詳細については、LabVIEWで.NETを使用する際の要件を参照してください。

ナショナルインスツルメンツは、.NETオブジェクトをLabVIEWプロジェクトのみで使用することを強く推奨します。

.NETアセンブリのロードと動作が予想どおりであることを確認するため、適切な場所に.NETアセンブリを保存するようにしてください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった