ウェブサービスのコンポーネント(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: 概要: LabVIEWアプリケーションとのウェブベースの通信

ウェブサービスには、HTTPメソッドVI、HTTPメソッドVI依存項目、スタートアップVIおよびスタティックコンテンツのファイルが含まれます。LabVIEWプロジェクトのウェブサービスファイルは、親ウェブサービスプロジェクト項目で整理します。

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

次のプロジェクトに、ウェブサービスファイルの整理と構成に使用するウェブサービスプロジェクト項目とサブ項目を示します。トップレベルのウェブサービスプロジェクト項目を追加するには、ターゲット(マイコンピュータなど)を右クリックし、新規→ウェブサービスを選択します。

HTTPメソッドVI

HTTPメソッドVIはウェブサービスのトップレベルVIで、ウェブサービスの主な機能が含まれています。ウェブクライアントがHTTP要求をウェブサービスに送信すると、ウェブサービスは要求を受け取り、特定のHTTPメソッドVIに転送します。HTTPメソッドVIとウェブクライアントは、ネットワーク上でデータを交換します。

ウェブリソースプロジェクト項目を右クリックし、 新規VIを選択すると、新しいHTTPメソッドVIが作成されます。

ウェブリソースプロジェクト項目にサブ項目を追加して、HTTPメソッドVIを整理することができます。このようなサブフォルダは、RESTful設計において、同じリソース(ユーザ集合体など)上でアクションを実行するHTTPメソッドVIをグループにまとめる際に便利です。RESTfulは、 REST(Representational State Transfer)アーキテクチャを参照します。

サブフォルダの名前は、クライアントがサブフォルダに置かれたHTTPメソッドVIを呼び出す際に使用するURLにも表示されます。たとえば、次の図で、Subtract.vi HTTPメソッドVIのURLには、サービス名の後にAdditionalOperationsが含まれています。http://127.0.0.1:8080/TutorialService/AdditionalOperations/Subtract/

関連情報

HTTPメソッドVIを作成する

URLを使用してデータをパブリッシュされたアプリケーションに送信する

HTTPメソッドVIの依存項目

HTTPメソッドVIの依存項目は、作成するHTTPメソッドVIの必須コンポーネントです。依存項目には、サブVI、シェア変数、DAQチャンネル、HTTPメソッドVI内に表示されるその他のコンポーネントが含まれます。

LabVIEWウェブサービスは、ウェブサービスのパブリッシュ時に、サブVIなど一部のHTTPメソッドVIの依存項目を自動的にパッケージ化します。パブリッシュされたウェブサービスには、シェア変数などのHTTPメソッドVIの依存項目は含まれません。

スタートアップVI

スタートアップVIは、ウェブサービスの一部として実行されますが、HTTPメソッドVIと異なるのは、ウェブクライアントとのデータ交換が行われないことです。ウェブサービスで、スタートアップVIを使用して、1つまたは複数の次のタスクを実行します。

  • ファイルからデータをロードして、値を初期化します。
  • ウェブサービスがクライアントから受け取るデータを処理および操作します。
  • ウェブサービスの実行中に、定期的にデータをファイルに保存します。

ウェブサービスが含まれるLabVIEWアプリケーションでは、以前のタスクを実行することも可能です。ただし、アプリケーションの一部になっていないスタンドアロンのウェブサービスの場合は、代わりにスタートアップVIを使用してください。スタートアップVIはネットワークリソースを使用せずにHTTPメソッドVIとデータ交換できるため、アプリケーションの効率が向上します。

スタートアップVIプロジェクト項目を右クリックし、新規VIを選択すると、新しいスタートアップVIが作成されます。各ウェブサービスには複数のスタートアップVIを追加できます。

関連情報

HTTPメソッドVIを初期化して通信を行うスタートアップVIを作成する

スタティックコンテンツ

ウェブサービスではHTTPメソッドVIと共にスタティックコンテンツをパブリッシュできます。スタティックコンテンツの例には、HTMLファイル、スタイルシート、画像、動画、JavaScriptなどがあります。

ウェブサービスを右クリックし、パブリックコンテンツフォルダを追加またはプライベートコンテンツフォルダを追加を選択すると、フォルダがプロジェクトに追加され、ディスク上のスタティックコンテンツのフォルダにマッピングされます。ディスク上のスタティックコンテンツを、パブリックコンテンツが含まれるメインフォルダが1つ、プライベートコンテンツが含まれるフォルダが1つの2つのメインフォルダにまとめて、プロジェクトツリー編成のミラーを作成します。

  • プライベートコンテンツ―クライアントはHTTP要求を使用して、プライベートフォルダ内のファイルにアクセスできません。ウェブサービスのVIのみがプライベートなスタティックコンテンツを使用できます。プライベートにしたいファイルの例として、ESPスクリプトや構成ファイルを挙げることができます。プライベートファイルにはURLマッピングがありません。
  • パブリックコンテンツ―クライアントはHTTP要求を使用して、パブリックのスタティックコンテンツにアクセスできます。パブリックにしたいファイルの例として、HTMLページや画像などがあります。パブリックファイルは、それぞれ自動的にURLマッピングが割り当てられます。

メインフォルダには、Public Folder\htmlPublic Folder\imagesなどのサブフォルダを含めることができます。プロジェクトツリーのフォルダはデフォルトで自動更新されるため、ディスク上のフォルダの内容がリアルタイムで更新されます。

関連情報

スタティックコンテンツをウェブサービスに統合する

ウェブサービスのビルド仕様をプロジェクト項目に変換する

このトピックで前述したとおり、LabVIEW 2012以前では、ウェブサービスファイルをプロジェクトツリーに直接構成せず、ウェブサービスのビルド仕様に構成します。LabVIEW2012以前に作成したビルド仕様を引き続き使用するか、それらをウェブサービスプロジェクト項目に変換することができます。変換ツールをダウンロードするには、ナショナルインスツルメンツのウェブサイトを利用してください。

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった