Whileループ:条件が満たされるまで処理を繰り返す



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

Whileループは以下のような外観を持ち、テキストベースのプログラミング言語のDoループやRepeat-Untilループと同様に、条件が満たされるまでサブダイアグラムを繰り返し実行します。

Whileループは、入力端子である条件端子が特定のブール値を受け取るまでサブダイアグラムを実行します。Whileループの条件端子は条件端子付きForループの条件端子と同様の働きをします。ただし、Whileループでは反復カウントが設定されないため、条件が発生しなければ無限に実行されます。

以下に示す反復端子は、実行された反復の回数を示す出力端子です。

Whileループの反復カウントは、必ずゼロから始まります。

Whileループ内のデータ受け渡し

Whileループでは、デフォルトでは1つの反復から次の反復にデータが渡されません。前回の反復のデータを次の反復に渡して使用するには、Whileループにシフトレジスタを追加します。たとえば、1つの反復における数学演算の結果を、次の反復における数値演算の初期値として使用するには、シフトレジスタを使用します。

Whileループの入力トンネルに配列を配線すると、デフォルトで自動指標付けが有効になります。自動指標付けが有効になっていると、Whileループは、ループの反復ごとに配列全体を読み取って処理するのではなく、配列の要素を1個読み取って処理します。Whileループでデータをどのように処理したいかに応じて、自動指標付けを有効にしたり、無効にしたりすることができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった