スタンドアロンアプリケーションまたはインストーラにウェブサービスを含める(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: ウェブサービスをパブリッシュする

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

LabVIEWスタンドアロンアプリケーションまたはインストーラのビルド仕様にウェブサービスを含めるには、以下の手順に従ってください。

  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルド仕様を右クリックしてプロパティを選択すると、アプリケーションプロパティまたはインストーラプロパティダイアログボックスが表示されます。
  2. ウェブサービスページに進みます。
  3. 含めたいウェブサービスのチェックボックスをオンにします。
  4. 構成中のビルド仕様のタイプに応じて、以下の最終手順を完了します。
    • (アプリケーションビルド仕様の場合)ウェブサービスページを表示した状態で、ウェブサービスの要求の受け入れに使用するポートを構成します。固有のポートを使用するには、同時に実行する各アプリケーションを構成することが必要です。
    • (インストーラビルド仕様の場合)追加のインストーラページに進み、インストーラに含める以下の項目を選択します。
      • NI LabVIEWランタイムエンジン—パブリッシュされたウェブサービスを実行する際に必要です。
      • NI Web-Based Configuration and Monitoring—パブリッシュされたウェブサービスのセキュリティを構成する際に必要です。

ウェブサービスをビルド仕様に含めなければならない状況

ウェブサービスは、以下のようなパブリッシュ事例でビルド仕様に含める必要があります。

  • (アプリケーションビルド仕様)ウェブサービスが、LabVIEWスタンドアロンアプリケーションと通信するように設計されている場合。
  • (インストーラビルド仕様)ウェブサービスをLabVIEWがインストールされていないWindowsコンピュータにパブリッシュしたい場合。
メモ  インストーラを使用してウェブサービスが含まれるスタンドアロンのアプリケーションを配布する場合は、アプリケーションビルド仕様にのみウェブサービスを含めるようにし、インストーラビルド仕様にはウェブサービスを含めないようにしてください。

ウェブサービスをビルド仕様に含めなくてもよい状況

ウェブサービスをホストコンピュータ、または接続されているRTターゲットで実行する予定であり、ウェブサービスでスタンドアロンアプリケーションとの通信が行われない場合は、ウェブサービスをLabVIEWプロジェクトから直接パブリッシュして、すぐに実行することができます。

関連情報

ウェブサービスをパブリッシュする

LabVIEWランタイムエンジンを使用する

ビルド仕様を作成する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった