HTTPヘッダ、ストリーミング、バッファを構成する(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: HTTPメソッドVIを作成する

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

データをストリーミングする

出力データをHTTPメソッドVIからクライアントにストリームできます。HTTPメソッドVIからカスタマイズした形式でデータを返すには、ストリーム出力タイプを使用します。ウェブサービスプロパティダイアログボックスのHTTPメソッドVI設定ページで、ストリーム出力形式を使用するようにHTTPメソッドVIを構成できます。

カスタマイズしたHTMLページまたは画像データなどのストリーム出力データを作成するには、「応答を書き込む」VIを使用します。また、ESPスクリプトを使用して、カスタマイズした出力をクライアントにストリームすることもできます。

ストリーム出力データの応答コードとMIMEタイプをカスタマイズするには、「HTTP応答コードを設定」VIと「HTTP応答MIMEタイプを設定」VIを使用します。

メモ  HTTPメソッドVIは、カスタマイズされたHTMLページや画像データなどのカスタム形式でクライアントにデータをストリーミングするのではなく、コネクタペーンを使用してクライアントにデータを戻すことができます。

HTTPヘッダを構成する

HTTPメソッドVIからウェブクライアントへの応答のHTTPヘッダは、カスタマイズできます。ストリーム出力タイプを使用してHTTPメソッドVIのHTTPヘッダをカスタマイズするには、「HTTPヘッダを設定」VIと「HTTPリダイレクトを設定」VIを使用します。たとえば、2秒ごとにウェブブラウザに表示されるウェブページを更新するカスタムヘッダを作成できます。HTTPメソッドVIのHTTPヘッダをカスタマイズしない場合、そのHTTPメソッドVIは応答のデフォルトヘッダを使用します。

ストリーミングデータをバッファする

ストリーム出力データをバッファ処理するようにHTTPメソッドVIを構成できます。バッファされたストリーミング出力、またはバッファされていないストリーム出力データを作成するには、「応答を書き込む」VIを使用します。ストリーミング応答をバッファするようにHTTPメソッドVIを構成するには、ウェブサービスプロパティダイアログボックスのHTTPメソッドVI設定ページを使用します。

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった