ウェブサービスをパブリッシュする(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: 概要: LabVIEWアプリケーションとのウェブベースの通信

ウェブサービスは、ホストコンピュータ、RTターゲット、または別のWindowsコンピュータにパブリッシュすることができます。ウェブサービスをパブリッシュする際に使用するプロセスは、ウェブサービスとLabVIEWスタンドアロンアプリケーションの間で通信が行われるかどうかによって異なります。また、ウェブサービスの寿命も、ウェブサービスをパブリッシュするために使用する方法に応じて異なります。

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

ウェブサービスをパブリッシュするのに適したプロセスを選択するには、以下の表を参照してください。

ウェブサービスとスタンドアロンアプリケーション間での通信の有無 配布方法 実行開始 実行停止 ホストのウェブサーバ コンテキスト
あり スタンドアロンアプリケーションのビルド仕様にウェブサービスを含める スタンドアロン実行ファイルの実行が開始されたとき スタンドアロン実行ファイルの実行が終了したとき スタンドアロンアプリケーションに固有のウェブサーバ スタンドアロンアプリケーションのスタートアップVIが実行される、メインのアプリケーションインスタンス
なし。デプロイメントターゲットはホストコンピュータか、接続されているRTターゲット LabVIEWプロジェクトからターゲットに直接パブリッシュ パブリッシュの直後、またはシステム再起動後 ウェブサービスのパブリッシュを解除したとき アプリケーションウェブサーバ アプリケーションウェブサーバプロセス内の各ウェブサービスに固有のコンテキスト
なし。デプロイメントターゲットはリモートのWindowsコンピュータ インストーラビルド仕様にウェブサービスを含める インストールの直後、またはシステム再起動後 ウェブサービスをアンインストールしたとき

スタンドアロンウェブサービスをパブリッシュおよびパブリッシュ解除する

スタンドアロンのウェブサービスをホストコンピュータか、または接続されているRTターゲットのいずれかにパブリッシュする場合は、プロジェクトエクスプローラウィンドウでウェブサービスプロジェクト項目を右クリックし、アプリケーションウェブサーバ→パブリッシュを選択します。

スタンドアロンのウェブサービスのパブリッシュを解除するには、ウェブサービスプロジェクト項目を右クリックし、アプリケーションウェブサーバ→パブリッシュ解除を選択します。

メモ  LabVIEWスタンドアロンアプリケーションまたはLabVIEWビルドインストーラの一部であるウェブサービスをパブリッシュ解除する方法については、上記の表を参照してください。

関連情報

スタンドアロンアプリケーションまたはインストーラにウェブサービスを含める

ウェブサービスのアプリケーションウェブサービスを有効にする



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった