HTTPメソッドVIを作成する(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: ウェブサービスのコンポーネント

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

HTTPメソッドVIを作成するには、ウェブリソースを右クリックするか、プロジェクトエクスプローラウィンドウでウェブリソースサブ項目を右クリックし、新規VIを選択します。LabVIEWで新規VIが作成されます。このVIにはHTTPメソッドVIでよく使用するLabVIEWウェブサービス要求制御器が含まれています。

HTTPメソッドVIを作成する際には、以下のセクションのガイドラインを検討してください。

HTTPメソッドVIとウェブクライアント間でデータを転送する

HTTPメソッドVIは、コネクタペーン端子を使用してデータを送受信します。ウェブクライアントがHTTP要求をHTTPメソッドVIに送信すると、VIはそのコネクタペーンから制御器の値を受け取り、これらの値を処理して、応答をクライアントに返します。

以下の図は、ウェブクライアントから2つの値を受け取り、合計をクライアントに返すHTTPメソッドVIのフロントパネル、ブロックダイアグラム、コネクタペーンの例です。

ブロックダイアグラム フロントパネル コネクタペーン

ウェブサービスで値の送受信に使用される制御器と表示器のラベルには、US ASCII文字セットで使用可能な文字、数値、ハイフン、下線のみを使用できます。ラベルには、スペースや特殊文字を使用できません。

関連情報

URLを使用してデータをパブリッシュされたアプリケーションに送信する

制御器と表示器を端子に割り当てる

出力データの形式を選択する

デフォルトでは、HTTPメソッドVIはデータをXML文字列としてデータをウェブクライアントに返します。XML文字列には、HTTPメソッドVIのコネクタペーンに割り当てられた表示器の値の概要が含まれます。また、HTML、テキスト、またはJSON形式応答でデータを返すHTTPメソッドVIを構成することもできます。ウェブサービスプロパティダイアログボックスのHTTPメソッドVI設定ページで出力形式タイプを構成します。

メモ  HTTPメソッドVIでは、コネクタペーンを使用してデータを戻さずに、カスタマイズされたHTMLページや画像データなどのカスタム形式を使用してデータをクライアントにストリーミングできます。

関連情報

HTTPヘッダ、ストリーミング、バッファを構成する

ウェブサービスパレットのVIを使用する

ウェブサービスパレットのVIは、POSTデータ、フォームデータ、HTTPセッション、クッキー、その他のウェブ固有の機能を果たします。HTTPメソッドVI内でウェブサービスパレットからVIを含めるには、各VIのLabVIEWウェブサービス要求入力を配線して、現在のHTTP要求が均一に処理されるようにする必要があります。LabVIEWウェブサービス要求入力は、LabVIEWのRefnumと同様の役目を果たします。

以下の図は、LabVIEWウェブサービス要求入力を使用して、「要求変数を読み取る」VIがデータを返すHTTP要求を識別する様子を示しています。

メモ  LabVIEWウェブサービス要求に配線された制御器をトップレベルのHTTPメソッドVIのコネクタペインに割り当てる必要があります。

HTTPメソッドVIにウェブサービスパレットのVIが複数含まれている場合は、最初のウェブサービスVIのLabVIEWウェブサービス要求入力に1つの制御器を配線し、以降のVIについては、各VIのLabVIEWウェブサービス要求入力とLabVIEWウェブサービス要求出力を使用して、一緒に配線することができます。

ウェブサービスにおけるHTTPメソッドVIのサンプルについては、examples\Connectivity\Web Services\Address Book\Web Services - Address Book.lvprojを参照してください。

その他の標準のLabVIEWノードを使用する

HTTPメソッドVIでは、LabVIEWのサポートされるデータタイプを使用するほとんどすべての機能を使用できます。

関連情報

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった