POSTデータ、フォームデータ、アップロードファイルを処理する(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: HTTPメソッドVIを作成する

ウェブクライアントがHTTP要求をウェブサービスに送信すると、ウェブサービスは要求を受け取り、URLで指定されたHTTPメソッドVIに転送します。HTTPメソッドVIはコネクタペーンとウェブサービスパレットのVIを使用して要求を処理し、応答を返します。ウェブクライアントはURLに値を追加するか、標準のPOSTなどのHTTPメソッド用に構成されたHTMLフォームを使用してデータを送信します。

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

HTTPメソッドVIを構成する

POSTデータを受信するようにHTTPメソッドVIを構成するには、HTTPメソッドをPOSTに設定します。LabVIEWプロジェクトでVIを右クリックし、POSTを選択します。

POST HTTPメソッドVIを作成する

デフォルトで、ウェブクライアントはHTTPメソッドVIの制御器のそのままの値でURLを送信します。HTTPメソッドVIは、コネクタペーンを使用して値を制御器に送信します。ウェブサービスプロパティダイアログボックスのHTTPメソッドVI設定ページで、ストリーム出力データを返すようにHTTPメソッドVIを構成できます。これよりも複雑なデータの場合は、ウェブサービスパレットのVIを使用して、ウェブクライアントで要求されたデータを処理できます。フォームデータとPOSTデータを受け取るには、以下のVIを使用します。

LabVIEWウェブサービス要求制御器を、POSTデータを受け取りウェブサービスパレットのVIを含むHTTPメソッドVIのコネクタペーンに接続する必要があります。

ウェブクライアントからアップロードファイルを受け取る

LabVIEWはウェブクライアントによってアップロードされた各ファイルの情報をクラスタの配列に保存します。アップロードされた各ファイルの情報には、クライアントファイル名、一時的な位置へのパス、コンテンツタイプ、およびサイズ(バイト)が含まれます。HTTPメソッドVIを作成する際に、「アップロードされたファイルの情報を読み取る」VIを追加して、HTTP要求に関連付けられたアップロードファイルの情報を返します。この情報を使用して、固定位置にファイルを移動するなど、アップロードされたファイルに対する操作を行うことができます。

LabVIEWウェブサービス要求制御器を、ポストデータを受信し「アップロードされたファイルの情報を読み取る」VIを含むHTTPメソッドVIのコネクタペーンに接続する必要があります。

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった