POST HTTPメソッドを使用する(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: HTTP要求をウェブサービスに送信する

POST HTTPメソッドを使用して、データをHTTPメソッドVIに送信できます。さらに、一般的なHTMLフォーム、HTTPクライアントVI、その他の互換性のあるクライアントを使用してPOSTデータを収集してサブミットすることができます。HTTPメソッドVIに大量のデータを送信する場合は、URLマッピングではなく、POSTメソッドを使用します。

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

HTMLフォームを使用してPOST要求を送信する

以下は、HTMLフォームを使用してPOSTデータをウェブサービスに送信する方法の例です。ウェブサービス名はMyWebServiceです。URLマッピング/addで、ウェブサービスプロパティダイアログボックスのHTTPメソッドVI設定ページでPOSTデータを受け入れるように構成されています。

次のHTMLコードでは、2つの値フィールドとサブミットボタンが作成されます。

<form name="send" action="/MyWebService/add" method="POST">
<input type="text" name="x">
<input type="text" name="y">
<input type="submit" value="Submit">
</form>

23をそれぞれxおよびyというラベルが付けられた入力に割り当て、サブミットボタンをクリックすると、HTMLフォームによって以下のPOSTデータがサブミットされます。

POST /MyWebService/add/
x=2&y=3

HTTPクライアントVIを使用してPOST要求を送信する

POST」VIと「POSTマルチパート」VIを使用して、POST要求をデプロイ済みのウェブサービスに送信するウェブクライアントを作成できます。以下の図は、「POST」VIを使用して、前述の例のHTMLフォームと似たHTTP要求を実行するコードを示しています。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった