パブリッシュされたアプリケーションにURLを使用してデータを送信する(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: HTTP要求をウェブサービスに送信する

メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

クライアントは、URLとHTTPメソッドを使用して、HTTPメソッドVIのコネクタペーンの制御器に直接データを転送したり、POST HTTPメソッドを使用して値をPOSTデータとして送信したりします。ウェブクライアントがHTTPメソッドVIとのデータ交換に使用するURLは、LabVIEWウェブサービスを作成する際に決定される様々な値に基づいて構成されます。以下の図は、ウェブクライアントがHTTPメソッドVIとのデータ交換に使用するURLの例です。

  • IPアドレスまたはコンピュータ名―ウェブクライアントが、ホストウェブサーバが実行されているシステムのウェブサービスにアクセスする場合、localhostという値を使用します。ウェブクライアントがリモートターゲットのウェブサービスにアクセスする場合は、ターゲットのIPアドレスまたはシステム名を使用します。
  • ポート―ホストウェブサーバのポートに一致します。
  • ウェブサービス名―ウェブサービスプロパティダイアログボックスのサービス設定ページにあるサービス名オプションと一致します。
  • URLマッピングウェブサービスプロパティダイアログボックスのHTTPメソッドVI設定ページのURLマッピングと一致します。

    HTTPメソッドごとに、LabVIEWはVIが属するウェブリソースが含まれるデフォルトのマッピングを定義し、該当する場合はVI名を続けます。
  • 入力端子のクエリ文字列―HTTPメソッドVIのコネクタペーンに割り当てられた制御器のラベルと一致します。前の説明の構文を使用して、このクエリ文字列をURLマッピングに追加します。たとえば、?x=5&y=8というクエリ文字列は、HTTPメソッドVIのコネクタペーンの「x」および「y」のラベルが付いた制御器にデータを渡します。この場合のURLマッピングはaddです。ラベル値のペアはアンパサンド(&)で区切ります。

関連情報

ウェブサービスのURLマッピングとクエリ文字列について理解する

HTTP要求をウェブサービスに送信する

ウェブサービスをホストする

「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった