ウェブサービスをホストする(Real-Time、Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

親トピック: 概要: LabVIEWアプリケーションとのウェブベースの通信

LabVIEWでは、2種類のウェブサーバのいずれかを使用してネットワーク上のウェブサービスをホストします。

  • 固有のウェブサーバ-サービスがLabVIEWスタンドアロンアプリケーションの一部である場合、サービスはアプリケーションに固有のウェブサーバ上で実行されます。
  • アプリケーションウェブサーバ-スタンドアロンアプリケーションの一部ではないウェブサービスは、アプリケーションウェブサーバ上で実行されます。たとえば、LabVIEWプロジェクトから直接パブリッシュされたウェブサービスは、スタンドアロンアプリケーションに依存しないため、ターゲット上のアプリケーションウェブサーバ上で実行されます。
メモ  このトピックの概念の詳細については、ウェブサービスの概要およびチュートリアルを参照してください。LabVIEWウェブサービスは、LabVIEW開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システムでのみ使用可能です。

スタンドアロンアプリケーションにおけるウェブサービス用ウェブサーバ

LabVIEWスタンドアロンアプリケーションのビルド仕様にウェブサービスを含めると、アプリケーションはウェブサービスを直接ホストするウェブサーバとして機能します。ビルドアプリケーションが終了すると、ウェブサービスのパブリッシュは解除されます。

LabVIEWビルドアプリケーションは、含まれるウェブサービスをホストするための専用ウェブサーバを開始します。ウェブサービス内の各VIはアプリケーションのスタートアップVIと同じコンテキストで実行されるので、単純な機能的グローバル変数(FGV)を使用して、変数間でデータを渡すことができます。下図は、LabVIEWビルドアプリケーションが専用ウェブサーバを開始する方法の例を示しています。

ウェブサービスをアプリケーションビルド仕様に含めるように指定する際に、要求の受け入れに使用するSSLとポートを構成することができます。

関連情報

ウェブサービスセキュリティを構成する

スタンドアロンアプリケーションまたはインストーラにウェブサービスを含める

スタンドアロンのウェブサービス用アプリケーションウェブサーバ

ターゲット上で実行されるアプリケーションウェブサーバは、スタンドアロンのウェブサービスをホストします。LabVIEWプロジェクトからスタンドアロンのウェブサービスをパブリッシュする前に、アプリケーションウェブサーバを有効にして構成しなければならないことがあります。

アプリケーションウェブサーバにデプロイされたウェブサービスのステータスを確認するには、以下の手順に従ってください。

  1. プロジェクトツリーでウェブサービスのプロジェクト項目を右クリックし、アプリケーションウェブサーバ→ウェブサーバを管理を選択します。NI Web-based Configuration & Monitoringユーティリティがウェブブラウザに表示されます。
  2. 左側のサイドバーのウェブサービス管理ボタンをクリックします。
  3. パブリッシュ済みのすべてのウェブサービスが、デプロイされたウェブサービスリストに表示されます。更新ボタンをクリックして、リストを更新しなければならないことがあります。

アプリケーションウェブサーバは、独立したシステムサービスとして実行されます。アプリケーションウェブサーバを有効にして実行するために、LabVIEWまたはLabVIEWランタイムエンジンをホストシステムで実行する必要はありません。いったんアプリケーションウェブサーバを有効にすると、システムをApplicationWebServer.exeとして起動するたびに自動的に開始されるようになります。

関連情報

ウェブサービスのアプリケーションウェブサービスを有効にする

ウェブサービスセキュリティを構成する

デバッグサーバ

ウェブサービスのデバッグを開始すると、ウェブサービスがデバッグサーバに配置されます。ここでサービスはターゲット上にパブリッシュされたかのように動作します。

ウェブクライアントがデバッグモードでウェブサービスに要求を送信する際に使用するデフォルトのポートは8001です。デバッグに別のポートを使用するには、ツール→オプションを選択し、ウェブサーバページに進んで、HTTPポートをデバッグオプションを変更します。

関連情報

ウェブサービスをテストおよびデバッグする

その他のLabVIEWウェブサーバ

LabVIEWには、内部ウェブサービスプロセス用に使用するシステムウェブサーバも付属しています。システムウェブサーバも、独立したシステムサービスとして実行されます。LabVIEWをインストールすると、システムをSystemWebServer.exeとして起動するたびにシステムウェブサーバが起動します。システムウェブサーバを無効にすることはできません。

LabVIEWには、リモートフロントパネルをホストする別のウェブサーバがあります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった