ターゲットとデバイスを追加ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

メモ このダイアログボックスを表示するには、ターゲットをサポートするモジュールまたはドライバがインストールされている必要があります。

このダイアログボックスを表示するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでプロジェクトルートを右クリックして、ショートカットメニューから新規→ターゲットとデバイスを選択します。 プロジェクトのターゲットが別のターゲットをサポートしている場合、ターゲットを右クリックし、ショートカットメニューから新規→ターゲットとデバイスを選択して、既存のターゲット下にターゲットを追加することもできます。 たとえば、コンピュータにNI PCIデバイスがインストールされている場合、マイ コンピュータの下にデバイスを追加できます。

このダイアログボックスを使用して、LabVIEWプロジェクトにターゲットまたはデバイスを追加します。 使用できるターゲットやデバイスは、プロジェクトエクスプローラウィンドウのどこからこのダイアログボックスを開くかによって異なります。 たとえば、マイコンピュータを選択してこのダイアログを開いた場合は、ローカルコンピュータで使用できるターゲットまたはデバイスのみが表示されます。 1つのターゲットを選択してこのダイアログを開くと、選択したターゲットで使用できるターゲットまたはデバイスのみが表示されます。 プロジェクトルートを選択してこのダイアログを開くと、他のターゲットに属さないトップレベルターゲット(マイコンピュータなど)を追加できます。

メモ (Windows Embedded Standard) デバイスがサポートされていない場合、LabVIEWはエラーメッセージを返します。 サポートされているWindows Embedded Standardデバイスの一覧または構成方法については、LabVIEW Remote Development Target Support Readmeを参照してください。 たとえば、ターゲット上のLabVIEWリモート開発ターゲットサポートのバージョンおよびビットが、ホストコンピュータ上のLabVIEW開発システムのバージョンおよびビットと一致していることを確認する必要があります。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • ターゲットとデバイス—プロジェクトに追加するターゲットまたはデバイスのタイプを指定します。
    • 既存ターゲットまたはデバイス—ローカルサブネットまたは特定のアドレスにあるすべてのターゲットとデバイスの表示を可能にします。
      • 既存ターゲットまたはデバイスを検出します。—ローカルサブネット上のすべてのターゲットとデバイスを表示します。 リストにターゲットが表示されていない場合は、以下の点を確認してください。
        • ターゲットがオンであることを確認してください。
        • ターゲットに対してサーバからの許可があることを確認してください。
        • ターゲットがローカルサブネット上で使用できない場合、IPアドレスでターゲットまたはデバイスを指定を選択して、ターゲットのIPアドレスを入力します。
      • IPアドレスでターゲットまたはデバイスを指定—サポートされるデバイスタイプを表示します。 デバイスをリストから選択してIPアドレスを入力して、デバイスをプロジェクトに追加します。
    • 新規ターゲットまたはデバイス—物理ターゲットまたはデバイスなしで作成できるターゲットとデバイスを表示します。
  • IPアドレス—プロジェクトに追加するデバイスのIPアドレスを指定します。 このオプションは、IPアドレスでターゲットまたはデバイスを指定が選択されたときだけ有効になります。
  • ターゲットとデバイス—追加するターゲットのリストを表示します。
    メモ  追加するターゲットが別のターゲットと競合する場合、ターゲットとデバイスを追加ダイアログボックスには、ターゲットとデバイスのリストの横にオプション列が表示されます。 オプション列で競合横の下矢印をクリックし、有効なオプションを選択して、競合を解決します。 オプション列で選択したターゲットのすべての競合が解決されるまで、OKボタンはグレー表示になります。
  • 検出時のタイムアウト時間を抑える—ネットワークのデバイスを検出する時間を少なくします。 このオプションは、既存ターゲットまたはデバイスを検出しますが選択されたときだけ有効になります。 このオプションを有効にすると、サブネットのすべてのデバイスが検出されない可能性があります。 必要なデバイスを検出できない場合は、ハードウェア検出を実行する前にこのオプションを無効にしてください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった