上級ページ(アプリケーションプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

アプリケーションプロパティダイアログボックスにあるこのページでは、スタンドアロンアプリケーションの詳細な設定を変更できます。

このページには以下のコンポーネントが含まれます。

  • デバッグを許可—アプリケーション、共有ライブラリ、.NET interopアセンブリ、またはウェブサービスのデバッグを有効にします。
    メモ このチェックボックスをオフにすると、完全な最適化が行われません。
    • 起動時にデバッガを待機—アプリケーションや、共有ライブラリ、または.NET interopアセンブリをロードしますが、ユーザがLabVIEWのデバッグ制御を通して実行を有効化するまでは実行されないように設定します。 デバッグを許可チェックボックスをオンにして、このオプションを有効にします。
  • 高速なファイル形式を使用—スタンドアロンアプリケーション(EXE)または共有ライブラリ(DLL)をより速くロードされる形式に保存します。 高速なファイル形式を使用するには、上級ページのデバッグを許可チェックボックスがオフになっていることを確認します。

    高速なファイル形式は、3Dグラフが含まれているアプリケーションをサポートしません。 高速なファイル形式を有効にすると、LabVIEWはアプリケーションビルダのオブジェクトキャッシュを使用しません。 このため、スタンドアロンアプリケーションおよび共有ライブラリのビルドにかかる時間が長くなる可能性があります。
  • エラーコードファイルをコピー—XMLベースのLabVIEW エラーコードテキストファイルのコピーをproject¥errorsuser.lib¥errorsディレクトリからランタイムエンジンに追加します。
    メモ  LabVIEW\user.libディレクトリのerrorsフォルダを手動で作成して、エラーコードファイルを整理できます。
  • カスタムエイリアスファイルを使用—アプリケーション、共有ライブラリ、または.NET interopアセンブリのプロジェクトエイリアスファイルをコピーします。 チェックボックスをオンにすると、プロジェクトファイルを選択ダイアログボックスが開き、プロジェクトのエイリアスファイルを選択できます。
    • プロジェクト中のエイリアスファイルカスタムエイリアスファイルを使用を選択した場合に、アプリケーション、共有ライブラリ、または.NET interopアセンブリに対して使用するエイリアスファイルを指定します。
      • プロジェクトを参照—エイリアスファイルを選択するのに使用できるプロジェクトファイルを選択ダイアログボックスを表示します。
  • カスタム構成ファイルを使用—LabVIEW構成ファイルをアプリケーションに関連付けます。 チェックボックスをオンにすると、プロジェクトファイルを選択ダイアログボックスが開き、プロジェクトの構成ファイルを選択できます。

    このチェックボックスをオンにしない場合、マイコンピュータプロパティダイアログボックス、または(Windows Embedded Standard) ターゲットプロパティダイアログボックスのVIサーバページ、およびオプションダイアログボックスのウェブサーバページ上の表示可能なVIおよびブラウザアクセスリストを使用して、ビルドのデフォルト設定を変更できます。
    • プロジェクト中の構成ファイルカスタム構成ファイルを使用が有効でない場合、使用する構成ファイルをアプリケーションに指定します。
      • プロジェクトを参照—プロジェクトの.iniファイルを選択するのに使用できるプロジェクトファイルを選択ダイアログボックスを表示します。
  • すべてのコマンドライン引数をアプリケーションに渡す—アプリケーションをコマンドラインから起動した場合、すべての引数をユーザ定義の引数としてアプリケーションに渡します。 このチェックボックスをオンにしない限り、コマンドラインの2つのハイフン(--)の後の引数のみがユーザ定義の引数としてアプリケーションに渡されます。 アプリケーション:コマンドライン引数プロパティを使用して、アプリケーションが起動する際、渡されたユーザ定義のコマンドライン引数を読み取ります。
  • ActiveX サーバを有効にする(Windows)アプリケーションがActiveXクライアントからの要求に応答できるように、ActiveXサーバを有効にします。 アプリケーションのActiveXサーバの機能は、LabVIEW ActiveXサーバのサブセットです。 myapp.exeというアプリケーションを作成すると、アプリケーションビルダはActiveXタイプライブラリのmyapp.tlbを作成します。 タイプライブラリはアプリケーションクラスと仮想計測器クラスを定義し、アプリケーションのプロパティメソッドおよびVIのプロパティメソッドの両方をエクスポートします。 アプリケーションを配布する際、実行ファイルにタイプライブラリを追加してください。

    ActiveXサーバ名テキストボックスに入力するアプリケーションの名前によって、システムレジストリのアプリケーションが固有に識別されます。 アプリケーションを作成した後、レジストリをシステムで有効にするために、そのアプリケーションを一回実行します。 アプリケーションの登録が完了すると、ActiveXクライアントはprogIDを使用してサーバオブジェクトにアクセスします。 たとえば、ActiveXサーバ名myappの場合、クライアントはmyapp.applicationというprogIDを使用して、アプリケーションオブジェクトのインスタンスを作成します。

    アプリケーションをインストーラビルド仕様のパッケージを作成する場合、インストーラがActiveXサーバを登録するように、インストーラプロパティダイアログボックスのソースファイル設定ページでアプリケーションファイルのCOMを登録チェックボックスをオンにします。
    メモ ActiveXサーバを有効にする場合、アプリケーションを最初に作成した後、アプリケーションビルド仕様を保存する必要があります。
    • ActiveXサーバ名(Windows)アプリケーションのprogIDの接頭辞を指定します。 このテキストボックスは、ActiveXサーバを有効にするチェックボックスをオンにすると有効になります。
  • ターゲットのハードウェア構成を含む—このアプリケーションをでデプロイするターゲットの構成設定を含めることを指定します。 このチェックボックスをオンにすると、LabVIEWのプロジェクトでターゲットの構成設定を取得、およびアプリケーションに構成設定を含めることがクエリされます。
  • 拡張されたDSC Run-Timeサポートを有効にする—このオプションは、LabVIEWデータロギングおよび監視制御モジュールがインストールされている場合のみ表示されます。 強化されたDSCモジュールランタイムエンジンでアプリケーションを作成します。 DSCモジュールランタイムエンジンによって、DSCモジュールと作成するアプリケーションでプロジェクトライブラリシェア変数のプログラム的な管理の補助的なサポートが追加されます。 以下の場合は、このチェックボックスをオンにしてください。
    • 作成するアプリケーションがVIサーバリファレンスを使用してライブラリファイルをプログラム的に変更する
    • 作成するアプリケーションで「Save to Library」VIが使用されている

    上記の2つの状況で強化されたDSCモジュールランタイムエンジンを使用しないと、作成されたアプリケーション、共有ライブラリ、または.NET interopアセンブリを実行するとエラーコード 1055が返されます。
    メモ このオプションを有効にすると、ファイルサイズが増加し、作成されたアプリケーション、共有ライブラリ、または.NET interopアセンブリの起動時のパフォーマンスが低下します。
  • ビルドログファイルを生成—ビルドのログファイルを作成するかどうかを指定します。 ビルドログファイルは、スタートアップVIまたは常に含むで指定されていないサブVIを含む、ビルドに含まれたすべてのファイルをリストします。 ログファイルにはまた、ビルド開始および終了時間、ビルド仕様およびプロジェクト名、そしてビルド中に発生したエラーなどのビルドに関する一般的な情報も含まれています。
    • ログファイルパス—ビルドログファイルを保存するパスを指定します。
  • LabVIEW 8.xのレイアウトを使用—スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリまたはウェブサービス内にソースファイルを保存する際にフラットファイルレイアウトを使用します。 このオプションは、LabVIEW 8.6以前からロードしたビルド仕様ではデフォルトで有効です。 LabVIEW 2009以降で開発するアプリケーションでは、このオプションを無効にすることをお勧めします。
  • 今後のLabVIEWランタイムバージョンでこのアプリケーションの実行を許可する—LabVIEWランタイムエンジンの今後のバージョンでこのアプリケーションを実行できるようにします。 ビルド仕様を特定のバージョンのLabVIEWに関連付けるには、このオプションを無効にします。 このオプションを無効にすると、パフォーマンスプロファイルへの変更を防ぐことができる上、コンパイラのアップグレードによる予期しない問題の発生を回避できます。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった