変数を参照ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスは、シェア変数プロパティダイアログボックスからアクセスできます。 シェア変数プロパティダイアログボックスで、変数ページのエイリアスを有効化セクションにある参照ボタンをクリックして、このダイアログボックスを表示します。

このダイアログボックスを表示するには、ブロックダイアグラムでシェア変数ノードをダブルクリックするか、ノードを右クリックしてショートカットメニューから変数を選択→参照を選択することもできます。 アクティブなLabVIEWプロジェクトにシェア変数が含まれていない場合、このダイアログボックスにアクセスするには、その前にシェア変数を作成する必要があります。

このダイアログボックスを使用して、構成中のシェア変数にバインドするシェア変数またはデータ項目を選択します。 このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • プロジェクト/ネットワークツリー—アクティブなプロジェクトまたはネットワーク上のシェア変数とデータ項目をリストします。
  • データタイププロジェクト/ネットワークツリーで選択する項目のデータタイプのプレビューを表示します。
  • アクセスタイププロジェクト/ネットワークツリーで選択する項目の有効なアクセスのタイプのプレビューを表示します。 このフィールドは以下の値を表示します。
    • 読み取り―選択された項目に対して読み取り専用のアクセス権があります。
    • 書き込み―選択された項目に対して書き込み専用のアクセス権があります。
    • 読み取りと書き込み―選択された項目に対して読み書きのアクセス権があります。
    • なし―選択した項目に対してアクセス権がありません。
  • 選択項目とプロパティを一致させますか?プロジェクト/ネットワークツリーで選択された、変数をバインドする項目と同じデータタイプとアクセス権で変数を構成します。 このオプションは、シェア変数プロパティダイアログボックスからアクセスするバインドされた変数のみで使用できます。
  • 場所プロジェクト/ネットワークツリーで選択されている項目の場所を表示します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった