表示パレットを変更ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

固定されたパレットでは、パレットツールバーでカスタマイズボタンをクリックし、ショートカットメニューから表示パレットを変更を選択して、このダイアログボックスを表示します。 また、固定されたパレットの下にある表示パレットを変更リンクをクリックして、このダイアログボックスを表示することもできます。

このダイアログボックスを使用して、制御器または関数パレットで表示されたままにするパレットカテゴリと非表示にするパレットカテゴリを指定します。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • 利用可能パレットカテゴリ—現在のパレット上のすべてのカテゴリをリストします。 表示するカテゴリの隣にあるチェックボックスをオンにします。 LabVIEWは選択されなかったカテゴリを隠します。
  • すべて選択—リストのすべてのカテゴリの横のチェックボックスをオンにします。
  • すべて選択解除—リストのすべてのカテゴリのすべてのチェックボックスをオフにします。
  • デフォルトを復元—デフォルトで表示されるカテゴリの横のチェックボックスをオンにします。
    メモ 旧バージョンのLabVIEWでカスタムパレットを使用しており、アップグレードした場合を除き、デフォルトでは、短縮パレットが表示されます。 その場合は、旧バージョンのLabVIEWで設定したカスタムパレットセットが復元されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった