クラスブラウザウィンドウ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このウィンドウを表示するには、表示→クラスブラウザを選択します。

このウィンドウで、使用できるオブジェクトライブラリを選択して、選択したオブジェクトライブラリ内でクラス、プロパティ、およびメソッドを表示します。 選択したプロパティまたはメソッドとともにプロパティノードまたはインボークノードを作成できます。 また、ドット付きプロパティおよびメソッドを作成することもできます。 プロパティを選択またはメソッドを選択ダイアログボックスを使用して、既存のプロパティまたはインボークノードを編集します。

(Windows) .NETおよびActiveXについては、別のダイアログボックスを起動してオブジェクトライブラリを検索および選択する必要があります。 .NETについては、オブジェクトライブラリプルダウンメニューから.NET→アセンブリを選択を選択し、アセンブリを選択ダイアログボックスを起動します。 ActiveXについては、ActiveX→タイプライブラリを選択を選択し、タイプライブラリを選択ダイアログボックスを起動します。 これらの各ダイアログボックスで、すべての使用可能なアセンブリまたはタイプライブラリのリストから選択し、プライベートアセンブリまたはタイプライブラリを参照できます。

このウィンドウには以下のコンポーネントが含まれます。

  • オブジェクトライブラリ—LabVIEWによってサポートされるオブジェクトライブラリの一覧を表示します。
    メモ オブジェクトライブラリプルダウンメニューでIVIを選択すると、プロパティとメソッドリストにはIVI-Cドライバのみ表示されます。 IVI-COMドライバを使用する場合、ActiveX→タイプライブラリを選択を選択するか、.ドライバにNETアセンブリまたは.NETインタフェースがある場合は.NET→アセンブリを選択を選択して、タイプライブラリまたはアセンブリリストからドライブを選択します。
  • クラス—選択されたオブジェクトライブラリでサポートされているクラスの一覧を表示します。
  • 表示の選択クラスプルダウンメニューおよびプロパティとメソッドリストの項目のアルファベット順表示と階層表示を切り替えます。 このオプションはVIサーバライブラリとのみ使用できます。
  • 検索—選択されたオブジェクトライブラリ、現在のクラスのプロパティまたはメソッド、現在のオブジェクトライブラリのプロパティまたはメソッドを検索するのに使用できるクラスブラウザ検索ダイアログボックスを起動します。
  • プロパティとメソッド—選択されているクラスのプロパティとメソッドの一覧を表示します。 ドットプロパティは、このリストで名前の横に青いグリフが表示されます。 ドット付きプロパティを作成するには、ドットプロパティをダブルクリックします。
  • 選択されたプロパティまたはメソッド—選択されたプロパティまたはメソッドを表示します。 点線で囲まれたプロパティはHTMLリンクとして表示されます。 HTMLリンクをクリックして、前に表示した項目へ戻り、クラスブラウザウィンドウを選択された項目に更新します。
  • 作成—ブロックダイアグラムに配置できるプロパティノードまたはインボークノードの読み取り専用バージョンを作成します。
  • 書き込み作成—ブロックダイアグラムに配置できるプロパティノードまたはインボークノードの書き込みバージョンを作成します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった