クラスタサイズダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、ブロックダイアグラムで「配列からクラスタに変換」関数を右クリックして、ショートカットメニューからクラスタサイズを選択します。

配列をクラスタに変換する場合に、このダイアログボックスを使用して、「配列からクラスタに変換」関数が配列から取り出す要素数を指定します。 クラスタのサイズは固定値であるため、クラスタの要素数を指定する必要があります。

  • クラスタ内の要素数—「配列からクラスタに変換」関数が定義するクラスタ内の要素数を指定します。 数値は1と256の間でなければなりません。 デフォルトは9です。 関数が実行される際、配列内に実際あるクラスタ要素よりも多いクラスタ要素で、「配列からクラスタに変換」関数を構成する場合、LabVIEWは適切なデフォルトデータでクラスタをパディングします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった