単位文字列の作成ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、単位ラベルを右クリックして、ショートカットメニューから単位文字列の作成を選択します。 また、「単位変換」関数を右クリックし、ショートカットメニューから単位文字列の作成を選択して、ダイアログボックスを表示することもできます。

このダイアログボックスを使用して、数値制御器または表示器に物理測定単位を関連付けます。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • 接頭辞—LabVIEWで有効な接頭辞をリストします。 単位に接頭辞を適用するには、ダイアログボックスの下部にあるテキストボックスで単位を選択して、このリストボックスから接頭辞を選択します。
  • 単位—LabVIEWで有効な単位と括弧内に省略形をリストします。
  • 物理グループ単位リストを単位タイプに並べ替えます。 チェックボックスをオフにして、すべての単位をアルファベット順にリストします。
  • 1/単位—下のテキストボックスで選択された単位を分母に配置します。
    メモ degCおよびdegFの単位は、分母に配置できません。 これらの単位は、基本単位からの非線形変換の単位に基づいています。
  • 指数—下のテキストボックスで選択された単位に指数を適用します。
  • 単位を追加—下のテキストボックスに新規の単位を追加します。
  • 単位を削除—下のテキストボックスの選択された単位を削除します。
  • 単位文字列—作成する単位文字列を表示します。 単位文字列の要素をクリックして、その要素をハイライトし、ダイアログボックスのその他の要素を使用して単位要素を編集します。 現在選択されている単位は太字と下線で表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった