リモートパネル接続マネージャウィンドウ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: 開発システム

このウィンドウを表示するには、ツール→リモートパネル接続マネージャを選択します。

このウィンドウを使用して、フロントパネルへのクライアントトラフィックを管理します。

このウィンドウには以下のメニューとコンポーネントが含まれます。

  • ファイル—メインファイルプルダウンメニューのサブセットが含まれます。
  • グラフ—以下の項目が含まれます。
    • グラフを隠す—グラフを非表示にして、全ネットワークトラフィックリストを拡張します。 グラフ→グラフを表示するを選択して、グラフを表示します。
    • ログ履歴—LabVIEWでクライアントデータを保持する時間を指定します。
    • 履歴を表示—グラフが表示される時間を指定します。 バッファ内にあるデータ以上のデータは表示できないため、表示はログ履歴以下である必要があります。
  • ツールオプションメニュー項目が表示されます。
  • ウィンドウ—標準ウィンドウプルダウンメニューが含まれます。
  • このコンピュータの全ネットワークトラフィック—サーバに接続されたすべてのクライアントのクライアント情報を表示します。 また、リモートパネル:クライアントへの接続プロパティを使用して、接続情報をプログラム的に表示することもできます。
  • クライアントを接続解除全ネットワークトラフィック表示で選択されたクライアントを削除します。 クライアントは、サーバから接続解除されたことを示すメッセージを受信します。
  • 完了リモートパネル接続マネージャウィンドウを閉じます。 このウィンドウを閉じても、サーバからクライアントは接続解除されません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった