構成ページ(変数Refnumプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

変数refnum関数を右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択して、プロパティダイアログボックスを表示します。 さらに構成タブを選択するとこのページが表示されます。

このページでは、変数refnumのデータタイプ、アクセス、タイムスタンプを設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • データタイプを指定—変数refnum制御器/定数のデータタイプを制限するかどうかを指定します。 このダイアログボックスでデータタイプを指定すると、データタイプ入力端子は変数オブジェクトへアクセスする際に、開く、読み取り、および書き込み関数で使用できません。
    • タイプ—変数refnum制御器または定数のデータタイプを指定します。 シェア変数のデータタイプとしてカスタム制御器やタイプ定義を使用するには、カスタム制御器からを選択してパスを入力するか、カスタムタイプの制御器を参照します。
    • 固定小数点を構成固定小数点を構成ダイアログボックスを表示します。 このボタンは、固定小数点データタイプと互換性のあるデータタイプを選択した場合にのみ表示されます。
    • タイプ定義から切断—シェア変数と、そのデータタイプを定義しているタイプ定義のリンクを解除します。 このボタンをクリックすると、タイプ定義の更新内容がシェア変数に反映されません。 このボタンは、データタイププルダウンメニューからカスタム制御器からを選択し、シェア変数のデータタイプとしてタイプ定義制御器を選択した場合にのみ表示されます。
  • アクセスを制限—変数refnum制御器/定数へのアクセスを制限するかどうかを指定します。
    • 読み取りを許可—変数refnum制御器/定数への読み取りアクセスを許可するかどうかを指定します。
    • 書き込みを許可—変数refnum制御器/定数への書き込みアクセスを許可するかどうかを指定します。
  • タイムスタンプを読み取る—シェア変数からタイムスタンプ値を読み取るかどうかを指定します。 このチェックボックスをオンにした場合、タイムスタンプが無効にされているI/O変数からタイムスタンプの読み取ろうとすると、タイムスタンプ出力にデフォルトのタイムスタンプ値が返され、エラー出力に警告が返されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった