編集オプションページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューから編集オプションを選択して、このページを表示します。

このページを使用して、現在のVIのアライメントグリッドサイズを設定したり、端子を右クリックしてショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択する際、LabVIEWが作成する制御器または表示器のスタイルを変更します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • アライメントグリッドサイズ—現在のVIのアライメントグリッドのサイズをピクセル単位で指定します。
    • フロントパネル—現在のVIのフロントパネルグリッドのサイズをピクセル単位で指定します。
    • ブロックダイアグラム—現在のVIのブロックダイアグラムグリッドのサイズをピクセル単位で指定します。
  • 制御器/表示器を作成時の制御器スタイル—端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択して、LabVIEWで作成する制御器または表示器のスタイルを変更します。 このコンポーネントは、多態性VI、カスタム制御器、またはグローバル変数からこのダイアログボックスにアクセスする場合は表示されません。


    メモ  サブVI端子を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、LabVIEWによって、そのサブVI端子に対応するサブVIのフロントパネルオブジェクトと同じスタイルで制御器または表示器が作成されます。 制御器または表示器を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、右クリックした制御器または表示器のスタイルで制御器または表示器が作成されます。
    • モダンスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、モダンスタイルの制御器または表示器を作成します。
    • クラシックスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、クラシックスタイルの制御器または表示器を作成します。
    • システムスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、システムスタイルの制御器または表示器を作成します。 端子のデータタイプのシステム制御器または表示器が存在しない場合、モダンスタイルの制御器または表示器が作成されます。
    • シルバースタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、シルバースタイルの制御器または表示器を作成します。
    • NXGスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、NXGスタイルの制御器または表示器を作成します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった