検索ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、フロントパネルウィンドウまたはブロックダイアグラムウィンドウから編集→検索して置換を選択します。

(ステートチャート) このダイアログボックスを開くにはStatechart EditorウィンドウでEdit→Find and Replaceを選択します。

このダイアログは、メモリに常駐するVI内のVI、Express VI、オブジェクト、テキストを検索して置換します。 検索対象がオブジェクトか、またはテキストかによって、検索ダイアログボックスは異なる検索オプションを表示します。 検索が終了すると、検索結果ウィンドウが表示されます。

メモ 検索結果ウィンドウは、複数のオブジェクトが検索された場合のみ表示されます。 LabVIEWがオブジェクトを1つのみ検出した場合、LabVIEWはフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウのオブジェクトをハイライトします。

(ステートチャート) ステートチャートダイアグラム(ステートチャートのガードコードや動作コードなど)で特定のオブジェクトやテキスト文字列を検索できます。 Search Resultsウィンドウは、複数のオブジェクトが検索された場合のみ表示されます。 オブジェクトが1つだけ検出された場合は、Statechart Editorウィンドウでそのオブジェクトを含むステートまたは遷移がハイライトされます。

正規表現のサポートは、PCREライブラリパッケージにより提供されています。 PCREライブラリパッケージ再配布時のライセンスの詳細については、目次タブから法的情報→著作権を選択して表示される著作権ページを参照してください。

RCRE(Perl Compatible Regular Expressions)については、PCREのウェブサイトwww.pcre.org)を参照してください。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • オブジェクトVI、関数、またはその他のブロックダイアグラムのオブジェクトを検索します。 このオプションを選択すると、オブジェクトを選択ボタンが表示されます。
    • オブジェクトを選択—ダイアログボックスの上部にあるオブジェクトを選択すると表示されます。 オブジェクトを選択ボタンをクリックして、検索可能なオブジェクトのプルダウンメニューを表示します。
  • テキスト単語またはフレーズを検索します。
    • 検索する単語を入力—ダイアログボックスの上部にあるテキストを選択すると表示されます。 検索する単語または語句を入力します。
    • 大文字・小文字を区別—ダイアログボックスの上部にあるテキストを選択すると表示されます。 このチェックボックスをオンにして、大文字と小文字が正確に一致するテキスト文字列を検出します。 たとえば、fooを検索した場合、FOOまたはFooは検出されません。
    • 完全に一致する単語のみ検索—ダイアログボックスの上部にあるテキストを選択すると表示されます。 このチェックボックスをオンにして、完全に一致する単語を検索します。 このチェックボックスをオンにしない場合、LabVIEWは検索する文字列が完全な単語でない場合でも、検索する単語を入力に入力したテキストのインスタンスのすべてを検出します。 検索目的としては、スペースなどの非英数字または行の最初または終端で区切られた文字のシーケンスが単語とみなされます。 たとえば、このチェックボックスをオンにすると、fooを検索した場合にfootまたはfoodは検出されません。
    • 正規表現—ダイアログボックスの上部にあるテキストを選択すると表示されます。 検索する単語を入力のテキストが正規表現である場合は、このチェックボックスをオンにします。 正規表現の仕様は、「パターンで一致」関数の仕様と同じです。 テキストの検索に正規表現オプションを使用する場合、各文字列で最初に一致した部分のみが置換されます。 LabVIEWがすべての検索結果を置換するか、正規表現チェックボックスをオフにするまで、検索して置換操作を対話的に実行できます。
    • オプション—ダイアログボックスの上部にあるテキストを選択すると表示されます。 オプションボタンをクリックして、LabVIEWがテキストを検索する場所を構成します。 オプションボタンをクリックすると、テキスト検索オプションダイアログボックスが表示されます。
  • アプリケーションインスタンス—VI、オブジェクト、またはテキストを検索するアプリケーションインスタンスを指定します。 デフォルトのアプリケーションインスタンスは、検索ダイアログボックスを開いたアプリケーションインスタンスです。
  • 検索範囲—検索の範囲を設定します。
    • 検索範囲—検索の範囲を選択します。 現在のVI、アプリケーションインスタンス内で選択されているVI、アプリケーションインスタンス内のすべてのVIを検索します。 <選択されたVI>を選択する場合は、選択ボタンをクリックして、検索するVIを選択します。
    • 選択選択ボタンをクリックして、検索するVIを選択します。 選択ボタンをクリックすると、検索対象VIダイアログボックスが表示されます。
    • 含む—検索操作にどのVIを含めるかを選択します。
      • サブVI検索範囲で選択するVIのすべてのサブVIを検索します。
      • 階層ウィンドウ検索範囲で選択するVIのVI階層ウィンドウを検索します。
    • vi.libの中のVIを無視検索範囲に含まれるvi.libのVIを無視します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった