Forループ反復並列化ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このダイアログボックスを表示するには、Forループを右クリックして、ショートカットメニューから反復の並列化を構成を選択します。

並列Forループ反復でパフォーマンスに関する注意事項を確認した後にForループの並列化が可能かどうかを判断し、このダイアログボックスを使用して並列ループ反復を有効にします。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • ループ反復の並列化を有効—Forループ反復の並列化を有効にします。 このチェックボックスをオンにすると、Forループ上のカウント(N)端子の下に並列インスタンスP)端子が表示されます。 並列インスタンス端子を使用して、LabVIEWが使用する生成される並列ループインスタンスの数を指定します。 -1を並列インスタンス端子に配線すると、生成される並列ループインスタンス数で指定したすべてのループインスタンスを使用します。 0を並列インスタンス端子に配線するか、端子を未配線の状態のままにしておいた場合は、実行時に使用可能な論理プロセッサの数がLabVIEWによって決定され、ループインスタンスでその数を使用します。
    • 生成される並列ループインスタンス数—コンパイル時にLabVIEWが生成するForルーのインスタンス数を指定します。 VIを複数のコンピュータに配布する予定の場合、生成される並列ループインスタンス数をこれらのコンピュータに含まれたことのある最大論理プロセッサ数と等しい数に設定します。 実行時に使用する生成インスタンスの数を指定するには、Forループで並列インスタンス端子を使用します。 このダイアログボックスで指定した生成される並列ループインスタンス数より大きい数を並列インスタンス端子に配線すると、ここで指定した数のインスタンスが生成されるため、LabVIEWは生成される並列ループインスタンス数のみを使用します。
    • 反復パーティショニングスケジュール—LabVIEWがループ反復を各ループインスタンスに割り当てる方法を指定します。
      • 反復を自動的にパーティション—ループ反復を自動的にループ反復のチャンクに分割します。
      • チャンクサイズ (C) 端子を使用してパーティショニングを指定—ループ反復を一定サイズのチャンクに分割します。 チャンクサイズ(C)端子に配線する値によって、チャンクサイズが決定されます。 配列をチャンクサイズ端子に配線して、反復の各チャンクのサイズを指定することもできます。 チャンクサイズを多く配線しすぎると、LabVIEWは余分な値を無視します。 十分なチャンクサイズを配線しない場合、LabVIEWは配列内の最後の要素を使用して、反復の残りのチャンクのサイズを決定します。
    • デバッグを許可—Forループ内でのデバッグを許可するには、ループの反復が順番に実行されるように設定します。 デフォルトで、並列ループ反復をデバッグすることはできません。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった