フロントパネルページ(オプションダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このページを表示するには、ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示し、カテゴリリストからフロントパネルを選択します。

このページを使用して、フロントパネルのオプションを設定します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 一般—このセクションを使用して、フロントパネルの一般オプションを設定します。
    • コネクタペーン端子をデフォルトで必須に設定—VIのコネクタペーンに接続されている新規の端子を「推奨」ではなく「必須」に設定します。 これは、配線ツールを使用した接続と、サブVIを作成を使用して作成したサブVIに適用されます。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。
    • 地域指定小数点を使用—ピリオドの代わりに、そのオペレーティングシステムの小数分離記号を使用します。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。 小数点として常にピリオドを使用する場合は、このチェックボックスをオフにします。
      メモ 次回LabVIEWを再起動すると、このオプションの変更が有効になります。
    • 新規VIのアイコンに1‐9の番号を挿入—LabVIEWの起動後に作成する最初の9つのVIのアイコンに番号を配置します。 このオプションは、テンプレートから作成するVIには影響しません。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。
    • 制御器エディタをダブルクリックで開く—制御器をダブルクリックして制御器エディタウィンドウを表示できるようにします。 制御器エディタウィンドウを使用して、フロントパネルオブジェクトの外観をカスタマイズします。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。
    • フロントパネル制御器の点滅遅延 (ミリ秒)—フロントパネルオブジェクトの点滅速遅延を設定します。 点滅は、プロパティノードで有効にする基本プロパティです。 デフォルトは1,000 msです。
  • ヒントラベルとラベル—このセクションを使用して、フロントパネルのヒントラベルおよびラベルを構成します。
    • フロントパネル制御器にヒントラベルを表示—操作ツールをオブジェクト上に移動すると、ヒントラベルが表示されます。 フロントパネルヒントラベルを表示プロパティを使用して、プログラム的にヒントラベルを有効にすることもできます。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。
    • ラベルをデフォルトでロック—フロントパネル上の新規オブジェクトのラベルおよびキャプションを所定の位置にロックします。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。
    • デフォルトラベル位置: 制御器—新規制御器のラベルのデフォルト位置を設定します。
      メモ プルダウンメニューでは、オブジェクトに対するラベルの位置を選択できます。 ラベルの前半部分はラベルがオブジェクトのどちら側に表示するかを指定し、後半部分は、選択した場所でのラベルの整列方法を指定します。
    • デフォルトラベル位置: 表示器—新規表示器のラベルのデフォルト位置を設定します。
  • 新規VIの制御器スタイル—このセクションを使用して、端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択する際、LabVIEWが新規VIで作成する制御器または表示器のスタイルを変更します。 デフォルトはモダンスタイルです。 ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューから編集オプションを選択して、LabVIEWが既存のVIで作成する制御器または表示器のスタイルを変更します。
    メモ  サブVI端子を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、LabVIEWによって、そのサブVI端子に対応するサブVIのフロントパネルオブジェクトと同じスタイルで制御器または表示器が作成されます。 制御器または表示器を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、右クリックした制御器または表示器のスタイルで制御器または表示器が作成されます。
    • モダンスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、モダンスタイルの制御器または表示器を作成します。
    • クラシックスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、クラシックスタイルの制御器または表示器を作成します。
    • システムスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、システムスタイルの制御器または表示器を作成します。 端子のデータタイプのシステム制御器または表示器が存在しない場合、モダンスタイルの制御器または表示器が作成されます。
    • シルバースタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、シルバースタイルの制御器または表示器を作成します。
    • NXGスタイル—VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器または作成→表示器を選択すると、NXGスタイルの制御器または表示器を作成します。
  • フロントパネルグリッド—このセクションを使用して、フロントパネルのアライメントグリッドオプションを設定します。
    • フロントパネルグリッドを表示—すべての開かれたVIのフロントパネルのグリッドを表示します。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。
      • デフォルトパネルグリッドサイズ(ピクセル)—すべての新規VIのフロントパネルグリッドのピクセル単位でのサイズです。 デフォルト値は12ピクセルです。 VIプロパティダイアログボックスの編集オプションページを使用して、現在のVIのグリッドサイズを設定します。
      • パネル背景とのコントラスト—VIを開いたときに常にグリッドを表示する場合のフロントパネル背景とグリッド線のコントラスト比率。
      • パネルグリッドアライメントを有効—オブジェクトを配置、移動、サイズ変更する際、オブジェクトがグリッドに整列するように、すべての開かれたVIのフロントパネルのグリッドアライメントを有効にします。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。 また、編集→パネルグリッドアライメントを有効またはパネルグリッドアライメントを無効を選択して、この動作を切り替えることもできます。 または、制御器を配置、移動、またはサイズ変更しながら、<G>キーを押して、グリッドアライメントを切り替えることもできます。
        • 新しいオブジェクトをグリッドサイズに合わせる—新規フロントパネルオブジェクトのすべてのサイドがグリッドに沿って整列されるようにサイズ調整されます。 新規オブジェクトのデフォルトサイズは現在のグリッドサイズと合わない場合があります。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。 特定の方向にサイズ変更できないオブジェクトの場合、LabVIEWはオブジェクトのサイズを他の有効な方向に変更します。 たとえば、デジタル数値制御器は垂直方向にサイズ変更できないため、LabVIEWはこの制御器をグリッドと整列するように水平方向にサイズ変更します。
      • アライメントグリッド描画スタイル—実線、グリッド接点のドット、またはグラフ用紙上の線に似た主線および補助線を使用して、グリッドを描画するかどうかを示します。 デフォルトは実線です。 LabVIEWはアライメントグリッドの原点を示す絶対座標(0,0)に小さいひし形を描画して、主線を使用して原点を通るグリッド線を描画します。 アライメントグリッドの原点は、すべての新規フロントパネルおよびブロックダイアグラムウィンドウの左上の表示されてない部分にあります。 スクロールツールを使用して、アライメントグリッドの原点が参照できるようにウィンドウをスクロールします。 位置プロパティを使用して制御器をプログラム的に配置する場合、原点を基準点として使用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった