タイミングループを構成ダイアログボックス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

このダイアログボックスを表示するには、タイミングループの入力ノードをダブルクリックするか、右クリックしてショートカットメニューから入力ノードを構成を選択します。

このダイアログボックスを使用して、タイミングループの実行のタイミングソース周期優先度、その他の上級オプションを構成できます。

次の反復を構成ダイアログボックスを使用して、後に続く反復のオプションを構成します。

また、タイミングループにフレームを追加して、サブダイアグラムを各反復で連続的に実行できます。

このダイアログボックスには以下のコンポーネントが含まれています。

  • ループタイミングソース—タイミングループのタイミングソースのタイプと名前を指定します。 ループタイミングソース設定には以下のコンポーネントが含まれます。
    • ソースタイプ—タイミングストラクチャを制御するための内部タイミングソースを指定します。 内部タイミングソースに加えて、このリストボックスにはシステムで構成したタイミングソースがすべて含まれます。
      • 1 kHzクロック―オペレーティングシステムの1 kHzクロックを選択します。 タイミングストラクチャは、1 kHzクロックを使用して、1ミリ秒ごとに反復を実行できます。 タイミングストラクチャを実行できるすべてのLabVIEWプラットフォームは、1 kHzタイミングソースをサポートしています。
      • 1 MHzクロック―Intel Pentium III以上のプロセッサを搭載したRTターゲットでサポートされている1 MHzクロックを選択します。 タイミングストラクチャは、1 MHzクロックを使用して、1マイクロ秒ごとに反復を実行できます。
        メモ このオプションを使用するには、LabVIEW Real-Timeモジュールがインストール済みで、プロジェクトエクスプローラウィンドウでRTターゲットの下にVIが作成されている必要があります。
      • 1 kHz<絶対時間>―オペレーティングシステムの1 kHzクロックを選択します。 このタイミングソースを選択すると、タイミングストラクチャは開始および終了時間に関連するすべての入出力端子のタイムスタンプを使用します。 絶対タイミングソースを使用して、実行を開始する特定の日時を指定できます。
      • 1 MHz<絶対時間>―Intel Pentium III以上のプロセッサを搭載したRTターゲットでサポートされている1 MHzクロックを選択します。 このタイミングソースを選択すると、タイミングストラクチャは開始および終了時間に関連するすべての入出力端子のタイムスタンプを使用します。 絶対タイミングソースを使用して、実行を開始する特定の日時を指定できます。
      • スキャンエンジンに同期―タイミングストラクチャをNIスキャンエンジンに同期させます。 このタイミングソースを使用して、タイミングストラクチャは各スキャンの最後に実行されます。 反復間の周期は、スキャンエンジンページで構成するスキャン周期の設定に対応します。 このオプションは、NIスキャンエンジンをサポートするターゲットでのみ使用できます。
      • 1 kHz<ストラクチャ開始時にリセット>―ストラクチャの各実行の最初の呼び出しでリセットされる1 kHzのタイミングソースを選択します。
      • 1 MHz<ストラクチャ開始時にリセット>―ストラクチャの各実行の最初の呼び出しでリセットされる1 MHzのタイミングソースを選択します。
    • ソース名—タイミングソースのインスタンス名を指定します。 たとえば、2つの異なるタイミンストラクチャでソース名に同じ名前を入力する場合、両方のストラクチャは同じクロックのインスタンスをタイミングソースとして共有します。
      メモ 同じタイミングソースを使用することで、ストラクチャの位相が同じになることが保証されますが、ストラクチャが同時に開始するとは限りません。 「タイミングストラクチャの開始を同期化」VIを使用して、タイミングストラクチャの開始を同期できます。
  • ループタイミング属性—周期、優先度、その他のストラクチャの詳細オプションを指定します。 ループタイミング属性設定には以下のコンポーネントが含まれています。
    • 周期—タイミングループの2つの続いた反復の間の経過時間を指定します。 周期の単位はソースタイプで選択するタイミングソースによって変わります。
      メモ タイミングループの周期を0に設定しないでください。 タイミングループの周期を0に設定すると、アプリケーションは予期しない動作をするため、ナショナルインスツルメンツはそのようなアプリケーションをサポートしません。 タイミングループの優先実行機能と組み合わせて、できるだけ高速に実行されるループが必要な場合は、タイミングシーケンスストラクチャの中でWhileループを使用してください。
    • 優先度—タイミングストラクチャの、他の実行できる状態のストラクチャに対する実行の優先度を指定します。 大きい数値を入力するほど、他のストラクチャに対するタイミングストラクチャの優先度が高くなります。 優先度の値は、165,535の正の整数になる必要があります。
      メモ これらの優先度はVIの優先度とは異なります。 LabVIEWは、優先度が「タイムクリティカル」より下で、「高」より上のレベルのタイミングストラクチャを実行します。 LabVIEWの実行システムは割り込み型であるため、実行可能なより高い優先度のタイミングストラクチャは、実行可能なより低い優先度のストラクチャとその他のタイムクリティカルで実行中でないLabVIEWコードよりも先に実行されます。
    • 上級タイミング—詳細なタイミングオプションを指定します。 上級タイミング設定には以下のコンポーネントが含まれます。
      • 期限—タイミングループの反復が完了する期限を指定します。 指定された期限の前に反復が完了しなかった場合、左データノードの遅れて終了? [i-1]出力は、次のフレームまたは反復でTRUEを返します。
      • オフセット/位相—ストラクチャの反復の開始時間または位相を指定します。 このオプションを使用すると、ストラクチャの同期や位相の調整を実行できます。 たとえば、ソース名に同じ名前を指定することで、同じタイミングソースインスタンスが使用されるように、2つのタイミングループを構成できます。 最初のタイミングループでオフセット/位相0の値を入力し、2番目のタイミングループで値100の値を入力できます。 タイミングループは各周期で実行されますが、100回のタイミングの単位で実行が区切られます。
      • タイムアウト—タイミングループがタイミングソースからのトリガイベントを待機する最大の時間をミリ秒単位で指定します。 タイミングループがタイムアウト値の前に実行を開始しない場合、タイミングループはタイミングなしで反復を実行して、次の反復で左データノードの起動理由出力にタイムアウトを返します。 タイミングループがタイムアウトされ、右データノードのオフセットまたは周期入力に変更がない場合、タイミングループは元のタイムアウトが同じ起動理由イベントに対して発生した点で次の反復を待機します。
      • ストラクチャ名—タイミングストラクチャを個々に識別します。
        メモ 再入可能VIで使用するタイミングループの名前を指定する場合、入力ノード上のストラクチャ名項目に文字列制御器を配線して、その文字列制御器を再入可能VIのコネクタペーンで入力端子に指定する必要があります。
    • プロセッサ割り当て—実行を処理するために割り当てるプロセッサを指定します。 プロセッサ割り当て設定には以下のコンポーネントがあります。
      • モード—実行処理に使用可能なプロセッサを割り当てる方法を指定します。 以下のオプションから選択できます。
        • 自動―LabVIEWは実行を処理するプロセッサを自動的に割り当てます。 このオプションを選択すると、LabVIEWはプロセッサを無効にして、-2に設定します。
        • 手動プロセッサ制御器に入力する値は、実行を処理するのに使用したいプロセッサを指定します。 プロセッサ制御器には0255の範囲内の値を指定する必要があります。
      • プロセッサ—実行を処理するプロセッサを指定します。 デフォルトは-2で、プロセッサが自動的に割り当てられます。 プロセッサを手動で割り当てるには、0255の間の数値を入力します。0は最初のプロセッサを示します。 プロセッサの数を超える数値を入力すると、ランタイムエラーが発生し、タイミングストラクチャが実行されません。
    • 遅れた場合の処理—タイミングループの反復が遅れた場合のモードを指定します。
      • 間に合わなかった周期を無視—タイミングループが、間に合わなかった反復で生成されたすべてのデータを破棄し、オフセット/位相周期の値が確立される次の反復を実行するよう指定します。 このチェックボックスからチェックマークを外した場合、タイミングループ反復の実行し損ねた各周期を実行します。
      • 元の位相を保持—タイミングループは最初に設定した位相に戻ります。 このチェックボックスからチェックマークを外した場合、最初に設定した位相から外れても、同じ周期で実行するようにタイミングループを調整します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった