多態性VIウィンドウ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

新規ダイアログボックスの新規作成リストで、VI→多態性VIを選択してOKボタンをクリックして、このウィンドウを表示します。 また、ブロックダイアグラムで多態性VIを右クリックして、ショートカットメニューから多態性VIを開くを選択して、このウィンドウを表示することもできます。

このウィンドウを使用して、多態性VIを作成します。

このウィンドウには以下のコンポーネントが含まれます。

  • アイコンを編集—多態性VIのアイコンを編集できるように、アイコンエディタダイアログボックスを表示します。 また、このアイコンをダブルクリックして、アイコンエディタダイアログボックスを表示することもできます。
  • インスタンスVI—多態性VIに含まれるインスタンスVIと多態性VIのショートカットメニューに表示される名前と各インスタンスの多態性VIセレクタをリストします。

    多態性アイコンを修正する必要がある場合は、以下のアイコンがVI名の左側に表示されます。

    VIが壊れている場合に表示されます。
    VIが以前リストされたVIとは別のコネクタパネルを持つ場合に表示されます。
  • 上に移動インスタンスVIリストの選択されたインスタンスをリストの順で上に移動します。 リストの最上段のインスタンスは、多態性VIのデフォルトインスタンスです。 インスタンスの順序により、多態性VIとそのセレクタのショートカットメニューの順序が決定します。
  • 下に移動インスタンスVIリストで選択したインスタンスをリスト順に下に移動します。 リストの最上段のインスタンスは、多態性VIのデフォルトインスタンスです。 インスタンスの順序により、多態性VIとそのセレクタのショートカットメニューの順序が決定します。
  • 追加—多態性VIに含めるVIを選択するためのファイルダイアログボックスを表示します。 各VIのコネクタペーンのパターンは同じである必要があります。
  • 削除—多態性VIから選択されたインスタンスを削除します。
  • 名前を編集—多態性VIとそのセレクタのショートカットメニューに表示されるインスタンスの名前を変更します。
  • ブロックダイアグラムの外観—ブロックダイアグラムの多態性VIの外観を指定します。
    • 多態性VIのアイコンを描画—ブロックダイアグラムの多態性VIのアイコンを表示し、多態性VIの上にカーソルを移動すると、詳細ヘルプウィンドウにその多態性VIの説明を表示します。
    • インスタンスVIのアイコンを描画—ブロックダイアグラムのインスタンスVIのアイコンを表示し、インスタンスVIの上にカーソルを移動すると、詳細ヘルプウィンドウにそのインスタンスVIの説明を表示します。
    • デフォルトでセレクタを表示—ブロックダイアグラムの多態性VIを配置すると、デフォルトで多態性VIのセレクタを表示します。 セレクタを隠すには、多態性VIを右クリックして、ショートカットメニューから表示項目→多態性VIのセレクタを選択します。
    • 多態性VIがデータタイプに適応するのを許可—多態性VIおよびそのセレクタのショートカットメニューに自動項目を表示します。 このチェックボックスをオフにすると、ショートカットメニューに自動項目が表示されなくなります。 このチェックボックスをオフにした場合、使用するインスタンスは多態性VI入力に配線するデータタイプによって決定されません。したがって、インスタンスを手動で選択する必要があります。

多態性VIが壊れた場合は、多態性VIウィンドウの上辺に壊れた記号が表示されます。 エラーリストウィンドウを表示するには、この不良を表す記号をクリックします。 多態性VIを実行している場合は、予約を表す記号がウィンドウの上部に表示されます。 多態性VIが、ライセンスが評価モードまたは無効状態のライセンスが取得されたライブラリに所属する場合は、ウィンドウの上部に警告を示す記号が表示されます。 この警告の記号をクリックすると、警告メッセージが表示されます。 ライセンス状態の詳細については、警告メッセージでヘルプボタンをクリックしてください。

ブロックダイアグラムに多態性VIを配置すると、LabVIEWはメモリにその多態性VIをロードします。 多態性VIウィンドウで多態性VIへ変更して、変更を保存せずにウィンドウを閉じる場合、この変更はメモリに残ります。 多態性VIを配置したVIを閉じて、再度このVIと開くと、多態性VIへの変更は表示されなくなります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった