構成ページ(シェア変数ノードプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

ブロックダイアグラムでシェア変数ノードを右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択してプロパティダイアログボックスを開きます。 複数のシェア変数ノードを同時に構成するには、ブロックダイアグラムで構成するすべてのシェア変数のノードを選択します。 さらに、シェア変数ノードの1つを右クリックして、ショートカットメニューからシェア変数を選択します。 さらに構成タブを選択するとこのページが表示されます。

このページでは、1つまたは複数のシェア変数ノードのシェア変数パス、アクセスタイプ、IOVローカルアクセスタイプ、リファレンスモード、タイムアウト、タイムスタンプを指定できます。

  • 変数を選択—シェア変数ノードがアクセスするシェア変数を指定します。
    • パス—シェア変数ノードがアクセスするシェア変数のパスを指定します。
    • 参照変数を参照ダイアログボックスを表示します。
  • アクセスタイプ—シェア変数ノードをデータを読み取るか書き込むよう構成します。
    • 読み取り—シェア変数ノードをデータを読み取るよう構成します。
    • 書き込み—シェア変数ノードをデータを書き込むよう構成します。
  • IOVローカルアクセスタイプI/O変数のローカルアクセスモードを構成します。
    • ダイレクト—シェア変数ノードをダイレクトI/O変数アクセスを使用するよう構成します。
    • スキャン—シェア変数ノードをスキャンI/O変数アクセスを使用するよう構成します。
  • リファレンスモード—シェア変数ノードのリファレンスモードを構成します。
    • 絶対—シェア変数ノードを、絶対リファレンスを使用してシェア変数に接続するよう構成します。
    • ターゲット相対—シェア変数ノードを、ターゲット相対リファレンスを使用してシェア変数に接続するよう構成します。
  • 表示—オプションのシェア変数ノード端子を表示するか非表示にするかを設定します。
    • タイムアウト—シェア変数ノードのミリ秒タイムアウト端子を表示するかどうかを設定します。
    • タイムスタンプ—シェア変数ノードのミリ秒タイムアウト端子を表示するかどうかを設定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった