エラーコードとメッセージ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

このブックは、ブロックダイアグラムエラーメッセージ、およびプログラム上のエラーの数値エラーコード、名前、説明をリストします。このエラーコード表は、負の値から正の値の昇順でソートされています。-8999~-8000、5000~9999、および500,000~599,999の範囲でカスタムエラーコードを定義できます。

エラー処理VIを別のVIに配線して、発生する任意のエラーの説明を返します。また、エラー処理VIでは、エラーコードの説明があるダイアログボックスと、実行を停止または続行するためのボタンが表示されます。また、ヘルプ→エラーの説明を選択し、エラーの説明ダイアログボックスのエラーコードの説明を表示することができます。コードフィールドにエラーコード番号を入力します(エラーコード番号が16進形式の場合は16進コードフィールドに入力します)。<Enter>キーを押すか、またはダイアログボックスの任意の場所でクリックし、説明フィールドにエラーコードの説明を表示します。この説明は、ヘルプファイルに表示される説明と同じです。

メモ  ActiveXのエラーコードについては、winerror.hでマイクロソフトのドキュメントを参照してください。

このドキュメントに記載されていないエラーメッセージが表示された場合は、ナショナルインスツルメンツの技術サポートまでご連絡ください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった