シェア変数エラーコード



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

シェア変数は以下のエラーコードを返す場合があります。シェア変数は、Real-Timeシェア変数エラーコードを返す場合もあります。LabVIEWでエラーを修正する方法については、技術サポートデータベースを参照してください。

コード 説明
180121602 変数読み取りのための読み取りバッファが空です。最新の既知の値が返されました。
180121603 変数の書き込みバッファが一杯です。次の書き込み操作によってバッファがオーバーフローする可能性があります。
180121604 変数の書き込みバッファがオーバーフローしました。バッファの最も古い値が破棄されました。
−1950679041 データタイプがカスタムのシェア変数のプロトタイプを空のバリアントにできません。
−1950679040 このシェア変数からの値は、データソースからの最新値でない可能性があります。
−1950679039 センサのエラー
−1950679038 一般デバイスのエラー応答です。
−1950679037 バインディングURLで指定されたシェア変数はプロセスに存在しません。すべてのシェア変数がデプロイされており、変数識別子URLが正しいことを確認してください。
−1950679036 一般通信エラーです。
−1950679035 シェア変数エンジン(SVE)にシェア変数が見つかりません。このシェア変数のデプロイメントに失敗したか、SVEが開始されていないか、SVEがビジーでこの要求に応答できない可能性があります。
−1950679034 シェア変数に値が含まれていません。 シェア変数の読み取りを試みているときにこのエラーを受け取った場合は、ni.comからアクセスできる技術サポートデータベースで詳細を参照してください。
−1950679033 シェア変数が非アクティブです。
−1950679032 センサが正確ではありません。
−1950679031 工学単位の制限を超過しました。
−1950679030 不明なエラーが発生しました。
−1950679029 数学エラーが発生しました。
−1950679028 通信リンク障害が発生しました。
−1950679027 NI-PSPがサーバにまだ接続されていません。
−1950679026 サーバのDNSルックアップに失敗しました。
−1950679025 サーバに到達できません。
−1950679024 サーバのサービスルックアップに失敗しました。
−1950679023 バインディングURLで指定されたプロセスが存在しません。すべてのシェア変数がデプロイされており、変数識別子URLが正しいことを確認してください。
−1950679022 プロセスが見つからないか、応答していません。 シェア変数を含むライブラリをプログラミング的にデプロイしようと試みているときにこのエラーを受け取った場合は、ni.comからアクセスできる技術サポートデータベースで詳細を参照してください。
−1950679021 このシェア変数のURLの解決に失敗しました。
−1950679020 シェア変数にアクセスできません。このエラーは、書き込み専用の変数からの読み取り、または読み取り専用の変数への書き込みを試みた場合、もしくは変数へのアクセスが許可されていない場合に発生する可能性があります。
−1950679019 サブスクライブに失敗しました。このエラーは、ホストがLogosXTしかサポートしないときに、クライアントがLogosを使用してホストに接続しようとすると発生することがあります。
−1950679018 このシェア変数のURLが無効です。
−1950679016 浮動小数点値が無効です。
−1950679015 ブール値が無効です。
−1950679014 値の属性が見つかりません。
−1950679013 アクセスタイプが無効です。
−1950679012 アクセスタイプがありません。
−1950679011 URL構文が無効です。
−1950679010 シェア変数はバインドされていますが、パスまたはURLが指定されていません。
−1950679009 パスとURLの両方は指定済みです。
−1950679008 エイリアスを有効オプションの値が無効です。 シェア変数プロパティダイアログボックスの変数ページで、エイリアスを有効チェックボックスをオンにすると有効になるオプションの値を確認します。
−1950679007 「エイリアスを有効」オプションに対する値がありません。 シェア変数プロパティダイアログボックスの変数ページで、エイリアスを有効チェックボックスをオンにすると有効になるオプションの値を確認します。
−1950679006 「シングルライタ」オプションの値が無効です。 このオプションは、ネットワークで共有されるシェア変数のみで使用できます。
−1950679005 シェア変数の名前を選択する必要があります。
−1950679001 バッファサイズは1より大きい必要があります。
−1950679000 配列の長さは2以上である必要があります。
−1950678999 波形のデータポイントは1以上である必要があります。
−1950678998 グローバル変数はローカルマシンからのみアクセスできます。
−1950678997 このターゲット上でこのタイプの変数ノードは使用できません。
−1950678996 変数構成は無効です。構成を訂正するため変数プロパティを編集してください。
−1950678995 変数に未定義のデータタイプがあります。
−1950678994 変数に無効なデータタイプがあります。
−1950678993 未処理のフルスケール値は未処理のゼロスケール値よりも大きい必要があります。
−1950678992 未処理スケールおよび工学形式スケールの両方、またはそのどちらかが無効です。
−1950678991 工学形式フルスケール値は工学形式ゼロスケール値と異なる必要があります。
−1950678990 スケールタイプの属性が指定されていません。
−1950678989 スケール範囲は完全に指定されていません。
−1950678988 各波形の配列、要素、ポイント数は1以上でなければなりません。
−1950678987 構成のこの部分はこのタイプの変数に対して存在しません。
−1950678986 不明なシェア変数エラーが発生しました。
−1950678985 変数名が無効です。変数の名前は一重引用符(')で開始することも、スペースで終了することもできません。また、バックスラッシュ、スラッシュ、\r \n \t \b \sといったバックスラッシュコードを使用することもできません。
−1950678984 変数名には最大255文字を含めることが可能です。
−1950678983 ネットワークバッファの配列のサイズは、Real-Time FIFOバッファの配列以下でなければなりません。ネットワークバッファの波形のサイズは、Real-Time FIFOバッファの波形のサイズ以上でなければなりません。 このエラーを解消するには、シェア変数プロパティダイアログボックスの変数ページにある配列サイズオプションと波形サイズオプションが、シェア変数プロパティダイアログボックスのReal-Time FIFOページにある配列サイズオプションと波形サイズオプションの対応する値以上になるよう変更してください。
−1950678982 シェア変数のクライアント側の読み取りバッファがいっぱいです。
−1950678981 シェア変数のクライアント側読み取りバッファがオーバーフローしました。
−1950678980 シェア変数のサーバ側書き込みバッファがいっぱいです。
−1950678979 シェア変数のサーバ側の書き込みバッファがオーバーフローしました。
−1950678978 シェア変数を追加するプロジェクトライブラリを含むプロジェクトは開かれている必要があります。
−1950678977 名前が予約されているため、ライブラリをデプロイできません。「System」、「LV」、「FP」という名前のライブラリはデプロイできません。また、「NI_」で始まる名前を持つライブラリはデプロイできません。
−1950678959 このIO変数のタイムアウトが構成されていますが、ローカルでIO変数にアクセスする場合、タイムアウトはサポートされていません。
−1950678954 URLの変数エンジンまたはプロトコル部分の文字列が無効です。 文字_~!$&'()*,;=:/?#[]@は、デコードされた形式で使用することができません。URLでこれらの文字の1つを指定するには、これらの文字をパーセントエンコードされたUTF-8と同等の形式で置き換えてください。
−1950678953 URLが無効です。 URLにホスト名が続くことを示す一般的な形式の[Variable Engine]://またはni.dex://が含まれていますが、URLはホスト名を指定していません。この問題を修正するには、リソースをホストするコンピュータのホスト名を指定します。VIを実行しているコンピュータでリソースがホストされている場合、ホスト名としてlocalhostを使用するか、ホスト名を完全に省略します。変数には、[Variable Engine]:/[Container Name]/[Variable Name]というURL形式を使用します。ネットワークストリームエンドポイントには、ni.dex:/[Endpoint Name]というURL形式を使用します。
−1950678948 URLのパスが無効です。 パスには1文字以上の予約された文字/?#[]!$&*+;=が含まれており、これらの文字のデコードされた形式での使用は禁止されています。名前の一部としてこれらの文字を含むリソースを識別するには、予約された文字をパーセントエンコードされたUTF-8と同等の形式で置き換えてください。たとえば、ni.var.psp://localhost/PathSegment1/channel#1は、ni.var.psp://localhost/PathSegment1/channel%231となります(%23は、#文字をパーセントエンコードしたUTF-8と同等の形式。)
−1950678945 変数識別子URLで指定されたホスト名はローカルホストに対応していませんが、指定された変数エンジンURLはローカルホストでの操作しかサポートされていません。指定された操作はリモートでホストされている変数またはストリームエンドポイントに対して実行できません。ネットワーク共有I/O変数またはI/Oエイリアスの読み取りまたは書き込みをリモートで実行するには、PSP変数エンジンURL(ni.var.psp)を使用してください。
−1950678944 変数識別子URLで指定された変数オブジェクトのクラス識別子プロパティは、refnum構成と互換性がありません。変数オブジェクトのクラスは、refnum用に構成したクラスと同等ではないか、または、そのクラスから派生しません。このエラーは、変数オブジェクトを参照しようとしたが、指定された変数識別子URLが変数を参照していない場合に発生する可能性があります。
−1950678943 変数への接続を開こうとしている間に、タイムアウトしました。
−1950678942 強制スケールの属性が指定されていません。
−1950678941 空の文字列は有効なURLではありません。変数エンジン内のルートコンテナを参照する場合、次のURL形式の1つを使用して、パスを明示的に指定する必要があります。「[Variable Engine]://[Host Name]」、「[Variable Engine]:」、または「/」です。
−1950678934 指定されたプロパティを読み書きするには、変数接続が開かれている必要があります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった