ユーザにメッセージを表示 Express VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 出力Express VI

インストールパッケージ: ベース開発システム

警告やメッセージを含む標準のダイアログボックスを表示します。

ダイアログボックスオプション
ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ダイアログボックスオプション

パラメータ説明
表示メッセージダイアログボックスに表示されるテキストです。
表示ボタン次のオプションがあります。
  • 第1ボタン名—第1ボタンに表示されるテキストを指定します。デフォルトでは、第1ボタンはOKです。
  • 第2ボタン名—第2ボタンに表示されるテキストを指定します。デフォルトでは、第2ボタンはキャンセルです。このオプションは、第2ボタン表示チェックボックスをオンにした場合のみ使用できます。
  • 第2ボタン表示—第2ボタンをダイアログボックスに表示するかどうかを指定します。

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
メッセージダイアログボックスに表示されるテキストです。
有効Express VIを有効または無効にします。デフォルト値はONまたはTRUEです。
エラー入力このノードの実行前に発生したエラーの状態を示します。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
OKダイアログボックスで第1ボタンをクリックするとTRUEが返され、第2ボタンをクリックするとFALSEが返されます。
エラー出力エラー情報が含まれています。この出力は、標準エラー出力として機能します。

このExpress VIは、次のVIおよび関数と同じような動作をします。

1ボタンダイアログ
2ボタンダイアログ
3ボタンダイアログ



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった