実行制御Express VIおよびストラクチャ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: Express VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

実行制御Express VIおよびストラクチャを使用して、制御およびタイミングをVIへ追加します。

サンプル

パレットオブジェクト説明
ケースストラクチャ1つまたは複数のサブダイアグラム(ケース)が含まれ、ストラクチャの実行時に、そのうちの1つが実行されます。実行されるケースは、ケースセレクタに配線された値によって決まります。
ティックカウント指定された単位で自走カウンタの値を返します。出力および内部カウンタの両方の幅を構成することができます。
フラットシーケンスストラクチャ順番に実行される1つ以上のサブダイアグラムまたはフレームで構成されます。フラットシーケンスストラクチャは、1つのサブダイアグラムを必ず他のサブダイアグラムよりも先または後に実行する必要がある場合に使用します。

フラットシーケンスストラクチャのデータフローは、他のストラクチャのデータフローと異なります。フレームに配線されているすべてのデータ値が有効な場合、フラットシーケンスストラクチャのフレームは左から右へ実行されます。フレームの実行が終了するたびに、データは各フレームから移動します。つまり、1つのフレームの入力は別のフレームの出力により異なります。
経過時間指定した開始時間から経過した時間を示します。
待機出力データが有効になる前に一定の時間間隔の遅延を適用します。
遅延時間発呼者VIに遅延時間を挿入します。
停止ボタン付きWhileループ条件端子(入力端子)が特定のブール値を受け取るまで、ループの内側にあるサブダイアグラムを繰り返します。ブロックダイアグラムにWhileループを配置すると、停止ボタンが条件端子に配線された状態で表示されます。

サンプル

実行制御Express VIおよびストラクチャの使用サンプルは、labview\examplesディレクトリにあるStructuresで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった