Express数値関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 演算&比較Express VI

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

Express数値関数を使用して、数値に関する算術演算や複雑な数学演算の作成と実行、および数値のデータタイプの変換を行います。三角関数および対数関数を実行するには、基本&特殊関数パレットのVIおよび関数を使用します。

このパレットからは、次の定数にもアクセスできます。

パレットオブジェクト説明
2の累乗でスケールxに2のn乗を掛けます。
DBL数値定数DBL数値定数を使用して、浮動小数点数値をブロックダイアグラムに渡します。定数の内部を操作ツールでクリックして値を入力して、この値を設定します。
インクリメント入力値に1を足します。
デクリメント入力値から1を引きます。
マシンイプシロン特定の精度の浮動少数点数の丸め誤差を示します。マシンイプシロン定数を使用して2つの浮動小数点数が同等かどうかを比較します。
逆数入力値で1を割ります。
入力値の差を計算します。
最も近い値に丸め込み入力値を最も近い整数に丸め込みます。入力値が2つの整数の中間にある場合、関数は最も近い偶数の整数を返します。
入力値の商を計算します。
数値定数数値定数を使用して、ブロックダイアグラムに数値を渡します。この値を設定するには、定数の内部を操作ツールでクリックして値を入力します。
入力値の積を返します。
切り下げ整数化入力を次に小さい整数に切り捨てます。
切り上げ整数化入力を次に大きい整数に切り上げます。
絶対値入力の絶対値を返します。
二乗入力値の二乗を計算します。
反転入力値を否定します。
符号数値の符号を返します。
複合演算1つまたは複数の数値、配列、クラスタ、またはブール入力に対し演算を実行します。演算(和、積、AND、OR、XOR)を選択するには、関数を右クリックしてショートカットメニューからモード変更を選択します。数値パレットでこの関数を選択した場合、デフォルトのモードは「和」になります。この関数をブールパレットで選択した場合、デフォルトのモードは「OR」になります。
平方根入力値の平方根を計算します。
乱数(0-1)0~1の倍精度の浮動小数点数を生成します。生成される数値は、0以上1未満です。分布は均一です。
入力の和を計算します。


サブパレット説明
数学&科学定数LabVIEWアプリケーションの作成に数学&科学定数を使用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった