ユーザ入力プロンプト Express VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 入力Express VI

インストールパッケージ: ベース開発システム

ユーザ名、パスワードなど、入力情報を表示する標準のダイアログボックスを表示します。

詳細  

ダイアログボックスオプション
ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ダイアログボックスオプション

パラメータ説明
表示メッセージダイアログボックスに表示されるテキストです。
表示ボタン次のオプションがあります。
  • 第1ボタン名—第1ボタンに表示されるテキストを指定します。デフォルトでは、第1ボタンはOKです。
  • 第2ボタン名—第2ボタンに表示されるテキストを指定します。デフォルトでは、第2ボタンはキャンセルです。このオプションは、第2ボタン表示チェックボックスをオンにした場合のみ使用できます。
  • 第2ボタン表示—第2ボタンをダイアログボックスに表示するかどうかを指定します。
入力ダイアログボックスに表示する制御器の名前とデータタイプを指定します。ここで指定する入力は、ブロックダイアグラムで出力として返されます。 入力名は制御器の名前で、制御器に何を入力するかをユーザに指示します。入力データタイプは、ダイアログボックスに配置する制御器のタイプです。オプションは、数値、チェックボックス、テキスト入力ボックスから選択できます。
入力を編集次のオプションがあります。
  • 挿入—選択した行の上の入力リストに新しい行を挿入します。
  • 削除—選択したメニュー項目を削除します。
ウィンドウタイトルダイアログボックスのタイトルバーに表示されるテキストです。

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
有効Express VIを有効または無効にします。デフォルト値はONまたはTRUEです。
エラー入力このノードの実行前に発生したエラーの状態を示します。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
OKダイアログボックスで第1ボタンをクリックするとTRUEが返され、第2ボタンをクリックするとFALSEが返されます。
エラー出力エラー情報が含まれています。この出力は、標準エラー出力として機能します。

ユーザ入力プロンプトの詳細

メモ  このVIの動作はターゲットによって異なります。現在のターゲットに接続されているホストコンピュータがない場合、構成ダイアログボックスはホストがない場合に無効になるオプションの横に警告を表示します。入力のプロンプトを表示するようにこのVIを構成し、接続されたホストコンピュータがないReal-TimeモジュールなどのユーザインタフェースなしでVIを実行する場合、このVIはエラーを返します。

このExpress VIは、次のVIおよび関数と同じような動作をします。

1ボタンダイアログ
2ボタンダイアログ



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった