信号解析Express VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: Express VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

信号解析Express VIを使用して、波形計測、波形生成、および信号調節を実行します。

メモ  このパレットのVIは、入力信号が波形でdtがゼロ以下の場合はエラーを返します。
パレットオブジェクト説明
カーブフィット選択されたモデルタイプに基づいて入力データに最適な係数を計算します。
コンボリューションと相関入力信号でコンボリューション、デコンボリューション、または相関を実行します。
スペクトル計測信号の平均化振幅スペクトル、パワースペクトル、および位相スペクトルといったFFTベースのスペクトル計測を行います。
タイミングと遷移計測信号の周波数、周期、またはデューティーサイクルといったタイミングと遷移計測を行います。通常はパルスです。
デュアルチャンネルスペクトル計測現在および以前の入力信号に基づいて、入力信号の周波数応答とコヒーレンス性を測定します。このExpress VIは、振幅位相コヒーレンス実部虚部などの結果を返します。
トーン計測最高振幅のシングルトーンを全領域または指定された周波数範囲で検出します。シングルトーンの周波数および位相を検出することもできます。
ヒストグラム作成信号のヒストグラムを計算します。
フィルタ信号をフィルタ処理または窓処理します。
マスクとリミットテスト信号でリミットテストを実行します。
信号シミュレーション正弦波、方形波、三角波、ノコギリ波、またはノイズ信号をシミュレートします。
振幅とレベル計測信号で電圧の測定を実行します。
統計波形で、最初の信号の選択されたパラメータを返します。
歪み測定トーンの解析、全高調波歪み(THD)、ノイズと歪み内の信号(SINAD)など、信号で歪み測定を実行します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった