LabVIEWインストールトラブルシューティングガイド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

プラットフォーム共通

Windows

macOS

Linux

これ以外のサポート情報


NIアプリケーションビルダをインストールする(プラットフォーム共通)

アプリケーションビルダのインストール手順の指示は、ご購入されたLabVIEWパッケージにより異なります。

  • LabVIEWプロフェッショナル開発システム―LabVIEWプロフェッショナル開発システムにはアプリケーションビルダが含まれており、自動的にインストールされます。このため、別途インストールする必要はありません。(Windows) インストール時に入力したLabVIEWのシリアル番号により、アプリケーションビルダもアクティブ化されます。
  • LabVIEW開発システムまたはベースパッケージ―アプリケーションビルダを購入した場合は、別のパッケージが届きます。
    • (Windows) LabVIEWプラットフォームメディアからLabVIEWをインストールします。インストールの途中で、アプリケーションビルダのシリアル番号を入力する必要があります。このシリアル番号は、LabVIEWアドオンソフトウェアパッケージに含まれている『Certificate of Ownership』に記載されています。インストール時にアプリケーションビルダをアクティブ化しなかった場合は、評価モードで実行されます。LabVIEWのインストール後にアプリケーションビルダをアクティブ化するには、LabVIEWを起動したときに表示されるライセンスのステータスウィンドウで行えます。
    • (macOSおよびLinux) LabVIEWのインストール完了後にアプリケーションビルダのインストールメディアを挿入してください。

すでに旧バージョンのLabVIEWがインストールされているコンピュータにLabVIEW 2018をインストールする(プラットフォーム共通)

各バージョンのLabVIEWはそれぞれ別のディレクトリに存在するので、LabVIEW 2018をインストールしても、コンピュータにすでにインストールされている旧バージョンのLabVIEWは上書きされません。旧バージョンのLabVIEWのuser.libディレクトリのファイルを使用したい場合は、これらのファイルをLabVIEW 2018のuser.libディレクトリにコピーします。

旧バージョンのLabVIEWからVIとプロジェクトをアップグレードする際の詳細な推奨事項については、LabVIEWアップグレードノートを参照してください。

見つからないモジュールまたはツールキットの機能を探す(プラットフォーム共通)

LabVIEW 2018でモジュールまたはツールキットを使用するには、LabVIEW 2018と互換性のあるバージョンのモジュールまたはツールキットをインストールする必要があります。互換性のないバージョンでは、モジュールまたはツールキットに関連するVI、プロジェクト項目、ダイアログボックス、およびその他の機能がLabVIEWに表示されません。

見つからないモジュールまたはツールキットを探すには、以下の手順に従ってください。

(Windows)

  1. モジュールまたはツールキットを探してインストールします。
    • LabVIEWプラットフォームメディアに入っているモジュールおよびツールキット―LabVIEWプラットフォームメディアを挿入し、モジュールおよびツールキットのシリアル番号を入力します。モジュールまたはツールキットがLabVIEWプラットフォームメディアに入っているかどうかを確認するには、『LabVIEWプラットフォームReadme』を参照してください。
    • その他のすべてのLabVIEWモジュールおよびツールキットLabVIEWプラットフォームDVDに入っていないアドオンに関する指示に従ってください。
    • 他社製アドオン―最新バージョンの他社製アドオンにアクセスするには、LabVIEWのスタートアップウィンドウでドライバとアドオンを検索→LabVIEWアドオンを検索を選択します。
  2. デバイスドライバを変更します。デバイスドライバをインストールした後でLabVIEWまたはアドオンをインストールしても、LabVIEWはそれらのデバイスドライバを認識できません。

(macOSおよびLinux)

LabVIEW 2018と互換性のあるバージョンのモジュールおよびツールキットをインストールしてください。互換性のあるバージョンのモジュールおよびツールキットは、以下の場所から入手できます。

  • NIアドオン―アドオンの最新バージョンはni.com/downloadsからダウンロードできます。
  • 他社製アドオン―アドオンの最新バージョンはni.comLabVIEWツールネットワークからダウンロードできます。

インストール方法については、各モジュールまたはツールキットのインストールメディアに入っているReadmeファイルを参照してください。

旧バージョンのLabVIEWと比べて変化したVI動作を解決する(プラットフォーム共通)

LabVIEW 2018でのVIの動作が、そのVIを作成したバージョンのLabVIEWで実行した場合の動作と異なる原因となっているVI部分を特定するには、LabVIEWアップグレードノートの「アップグレードおよび互換性の問題」セクションを参照してください。そのVIを作成したバージョン以降のすべてのバージョンのセクションを参照してください。

旧バージョンのLabVIEWで作成したVIがLabVIEW 2018で開けない理由を特定する(プラットフォーム共通)

LabVIEW 5.1以前のVIをアップグレードする場合、そのVIはLabVIEW 2018では開けません。これらのバージョンのLabVIEWからVIをアップグレードする場合は、まずLabVIEWの中間バージョンにアップグレードするか、LabVIEW Conversionパッケージを使用する必要があります。LabVIEWの特定レガシーバージョンからアップグレードするための詳細については、ni.comVIをLabVIEWの異なるバージョンにアップグレードまたは戻す方法サポートドキュメントを参照してください。

LabVIEWをアンインストールする(プラットフォーム共通)

インストールに関する問題がなかなか解決できない場合は、LabVIEWおよびその他のNIソフトウェアをアンインストールして、クリーンなマシンに再インストールすると解決する場合があります。

(Windows)

  1. LabVIEWをインストールしたときにインストールされるハードウェア構成プログラム、MAX(Measurement & Automation Explorer)でシステム構成レポートを作成します。インストールされているNIソフトウェアに関するすべての情報を消してしまう前に、システム構成レポートを使ってシステムの状態を記録します。その後でni.com/askにサービス要求を出す必要が生じたときには、この情報が必要になる場合かあります。
    1. MAXを開きます。
    2. ファイル→エクスポートを選択して、システム全体のレポートを作成します。
    3. MAXシステム構成レポートの作成方法の詳細については、ni.com技術サポートデータベースを参照してください。
  2. システム構成レポートとすべてのVIを、USBまたはネットワークドライブなどのシステム外部に保存します。
  3. コンピュータの電源を切り、NIハードウェアを取り外すか、その電源プラグを抜きます。
  4. コントロールパネルのプログラムアプレットを開いて、National Instrumentsソフトウェアを選択してLabVIEW 2018をアンインストールします。LabVIEW、モジュール、ツールキット、デバイスドライバを選択して、アンインストールします。
  5. コンピュータを再起動します。

(macOS)

  1. LabVIEW 2018ディレクトリで変更したり、追加したファイルを別の場所に保存します。
  2. LabVIEW 2018ディレクトリ、またはインストールメディアにあるUninstall.commandシェルスクリプトをダブルクリックして、LabVIEW 2018をアンインストールします。
メモ メモ  LabVIEWをインストールした後で、LabVIEW 2018ディレクトリを移動した場合、そのディレクトリをデフォルトの場所に戻さない限り、LabVIEWはLabVIEW 2018ディレクトリをアンインストールおよび削除しません。

(Linux)

マウントしたインストールメディアからUNINSTALLスクリプトを実行します。このスクリプトは、インストールメディアでのみ提供されます。

モジュールまたはツールキットがLabVIEWプラットフォームメディアに入っていることを確認する(Windows)

LabVIEWプラットフォームメディアに入っているLabVIEWプラットフォームReadmeを参照してください。このドキュメントには、LabVIEWプラットフォームメディアに同梱されている、すべてモジュールとツールキットの一覧が記載されています。

NIデバイスドライバメディアに入っていないデバイスドライバを見つける(Windows)

NIデバイスドライバメディアには、ほとんどのNIハードウェアデバイスのLabVIEW 2018デバイスドライバが含まれています。インストーラの機能画面で特定のドライバが見つからない場合は、以下の場合からインストールしてください。

  • NIデバイス―デバイスに同梱されているドライバメディアを使用するか、ni.com/driversからドライバの最新バージョンをダウンロードします。
  • 他社製デバイスni.com計測器ドライバネットワークで他社製計測器のドライバを検索してダウンロードします。

LabVIEWプラットフォームメディアに含まれていないモジュールおよびツールキットをインストールする(Windows)

一部のLabVIEWモジュールおよびツールキットは、LabVIEWプラットフォームメディアとは別に発送されます。これらの非プラットフォームアドオンをインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. LabVIEW 2018をインストールします。
  2. そのアドオンがLabVIEW 2018と互換性があるかどうかを確認するには、ni.comLabVIEWモジュールおよびツールキットの互換性情報セクションを参照してください。
  3. アドオンのインストールメディアを挿入して、画面に表示されるインストール指示に従います。
  4. アドオンの詳細については、アドオンのインストールメディアに入っているReadmeファイルを参照してください。

見つからないサブVI、パレット、プロパティノードを探す(Windows)

以下の理由で、LabVIEWで特定のサブVI、パレット、プロパティノードが見つからない場合があります。

  • VIが使用しているドライバのLabVIEW 2018バージョンをインストールしなかった。ハードウェアデバイスと通信するためには、LabVIEW 2018バージョンの関連デバイスドライバがLabVIEW 2018にインストールされている必要があります。LabVIEW 2018と通信できるようにドライバを更新しないと、関連のドライバVI、パレット、プロパティノードが利用できず、LabVIEWはそのデバイスと通信できません。この問題を解決するには、以下のいずれかのソースから関連ドライバを再インストールします。
    • ほとんどのNIデバイス―LabVIEWプラットフォームメディアと同梱されているNIデバイスドライバメディアを使用します。
    • NIデバイスドライバメディアに含まれていないNIデバイス―デバイスに同梱されているドライバメディアを使用するか、ni.com/driversからドライバの最新バージョンをダウンロードします。
    • 他社製デバイスni.com計測器ドライバネットワークで他社製計測器のドライバを検索してダウンロードします。
  • VIが使用するドライバのインストール後にモジュールまたはツールキットをインストールした。デバイスドライバをインストールした後でLabVIEW FPGAまたはLabVIEW Real-Timeモジュールなどのアドオンをインストールした場合は、モジュールにデバイスとその関連VIを認識させるために、デバイスドライバを変更する必要があります。デバイスドライバを変更するには、以下の手順に従ってください。
    1. コントロールパネルのプログラムアプレットに移動します。
    2. プログラムの一覧からNational Instrumentsソフトウェアを選択します。
    3. 各デバイスドライバを選択して、変更をクリックします。
  • VIが旧バージョンのLabVIEWのuser.libディレクトリにあるファイルを必要としている。カスタムVIを旧バージョンのLabVIEWで作成した場合は、それらのVIをサブVIとして引き続き使用するには、それらのVIをLabVIEW 2018のuser.libディレクトリにコピーする必要があります。

LabVIEWでNI-DAQmxを使用する (macOS)

NI-DAQmx Baseは、macOS用LabVIEW 2018で使用できるNI-DAQmxの唯一のバージョンです。macOS上でLabVIEW 2018用NI-DAQmx Baseを使用するには、以下の手順に従ってください。

  1. お使いのデバイスがNI-DAQmx Baseでサポートされていることをni.comNI-DAQmxおよび従来型NI-DAQドライバサポートページで確認します。
  2. ni.comからNI-DAQmx Baseソフトウェアをダウンロードします。

見つからないサブVI、パレット、プロパティノードを探す (macOS)

以下の理由で、LabVIEWで特定のサブVI、パレット、プロパティノードが見つからない場合があります。

  • VIが使用しているドライバのLabVIEW 2018バージョンをインストールしなかった。ハードウェアデバイスと通信するためには、LabVIEW 2018バージョンの関連デバイスドライバがLabVIEW 2018にインストールされている必要があります。LabVIEW 2018と通信できるようにドライバを更新しないと、関連のドライバVI、パレット、プロパティノードが利用できず、LabVIEWはそのデバイスと通信できません。この問題を解決するには、以下のいずれかのソースから関連ドライバを再インストールします。
  • VIが旧バージョンのLabVIEWのuser.libディレクトリにあるファイルを必要としている。カスタムVIを旧バージョンのLabVIEWで作成した場合は、それらのVIをサブVIとして引き続き使用するには、それらのVIをLabVIEW 2018のuser.libディレクトリにコピーする必要があります。

インストールメディアをマウントする(Linux)

LabVIEW 2018インストールメディアをマウントするには、以下の手順に従ってください。

  1. rootでシステムにログインします。
  2. LabVIEW 2018インストールメディアを挿入します。
  3. メディアが自動的にマウントされない場合は、mount /mnt/cdromと入力してメディアをマウントします。
  4. 現在のディレクトリをメディアをマウントしたディレクトリに変更するには、次のコマンドを入力します。
    cd /mnt/cdrom

LabVIEWでNI-DAQmxを使用する(Linux)

NI-DAQmx Baseは、Linux用LabVIEW 2018で使用できるNI-DAQmxの唯一のバージョンです。Linux上でLabVIEW 2018用NI-DAQmx Baseを使用するには、以下の手順に従ってください。

  1. お使いのデバイスがNI-DAQmx Baseでサポートされていることをni.comNI-DAQmxおよびNI-DAQドライバサポートページで確認します。
  2. ni.comからNI-DAQmx Baseソフトウェアをダウンロードします。

一般的なLabVIEW起動エラーを診断する(Linux)

エラー考えられる原因および解決策
Xlib: connection to :0.0 refused by server考えられる原因―ウィンドウを開く権限のないユーザが、ディスプレイサーバ上でLabVIEWを起動しようとしています。通常、root(スーパーユーザ)など、一時的に異なるユーザ名でsuコマンドを実行した後に発生します。

解決策suコマンドを終了して、ログインユーザとしてLabVIEWを起動するか、xhostまたはxauthコマンドを使用してディスプレイサーバ上にウィンドウを開く権限を付与します。
client is not authorized to connect to server
internal error during connection authorization check

64ビットでの起動エラー―LabVIEWが64ビットLinuxシステムで起動しない場合、配布用の32ビット互換性情報ライブラリがインストールされていることを確認します。

見つからないサブVI、パレット、プロパティノードを探す(Linux)

以下の理由で、LabVIEWで特定のサブVI、パレット、プロパティノードが見つからない場合があります。

  • ドライバのLabVIEW 2018バージョンをインストールしていない。ハードウェアデバイスと通信するためには、LabVIEW 2018に関連デバイスドライバのLabVIEW 2018バージョンがインストールされている必要があります。LabVIEW 2018と通信できるようにドライバを更新しないと、関連のドライバVI、パレット、プロパティノードが利用できず、LabVIEWはそのデバイスと通信できません。この問題を解決するには、以下のいずれかのソースから関連ドライバを再インストールします。
    • NI-VISAドライバni.com/linuxdriversからドライバの最新バージョンをダウンロードしてください。
    • その他のNIデバイス―デバイスに同梱されているドライバメディアを使用するか、ni.com/driversからドライバの最新バージョンをダウンロードします。
    • NI-DAQmx Baseの場合ni.comからNI-DAQmx Baseソフトウェアをダウンロードします。
    • 他社製デバイスni.com計測器ドライバネットワークで他社製計測器のドライバを検索してダウンロードします。
  • VIが旧バージョンのLabVIEWのuser.libディレクトリにあるファイルを必要としている。カスタムVIを旧バージョンのLabVIEWで作成した場合は、それらのVIをサブVIとして引き続き使用するには、それらのVIをLabVIEW 2018のuser.libディレクトリにコピーする必要があります。

これ以外のサポート情報(すべてのプラットフォーム)

LabVIEWのインストールに関するその他のトラブルシューティング情報は、以下のリソースを参照してください。

  • ni.com/gettingstarted―一部のNI製品のインストールおよび構成の方法を詳しく説明します。
  • ni.com/support―サービス契約を締結されているユーザ様向けのライブアクセスを含む、さまざまなサポートリソースを紹介します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった