関数パレットまたは制御器パレットにVIまたはオブジェクトを追加する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

新規または既存のVIで使用するVIまたはオブジェクトを関数または制御器のパレットまたはサブパレットに追加します。サブパレットには、VI、関数、制御器、サブパレットを追加できます。サブパレットには、別の場所にあるVIを含めることができます。

VIまたは関数を関数パレットに追加する

VIブロックダイアグラムまたはカスタム関数を関数パレットに追加することができます。こうすることで、あるVIのブロックダイアグラムの内容を、サブVIを呼び出さずに、関数パレットから直接、別のVIのブロックダイアグラムに配置することができます。

以下の手順に従って、関数パレットにVIまたは関数を追加します。

  1. 関数パレットに追加したいVIまたは関数を作成します。ファイルを保存して閉じます。
  2. ツール→上級→パレットセットを編集を選択して、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを表示します。
  3. 関数パレット内のVIまたは関数を追加したい位置に移動します。
  4. パレットを右クリックして、ショートカットメニューから挿入→VIを選択します。
  5. パレットに追加するVIまたは関数まで移動します。
  6. パレットに追加するVIまたは関数を選択し、開くをクリックします。
  7. VIまたは関数を右クリックして、ショートカットメニューからVIの内容を配置を選択します。
  8. 制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスの変更を保存をクリックしてパレット変更をプレビューダイアログボックスを開きます。
  9. 継続ボタンをクリックして変更を受け入れ、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを閉じます。

VIまたは制御器を制御器パレットに追加する

VIフロントパネルまたはカスタム制御器を制御器パレットに追加することができます。カスタム制御器を追加するのではなく、VIを追加することでフロントパネルに複数の制御器または装飾体を一度に追加することができます。

メモ メモ  カスタム装飾体を制御器パレットに追加するには、VIを作成して、そのフロントパネルに装飾体を追加します。次に、そのVIを制御器パレットに追加します。

以下の手順に従って、制御器パレットにVIまたは制御器を追加します。

  1. 制御器パレットに追加したいVIまたは関数を作成します。ファイルを保存して閉じます。
  2. ツール→上級→パレットセットを編集を選択して、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを表示します。
  3. VIまたは制御器を追加したい制御器パレットまで移動します。
  4. パレットを右クリックして、ショートカットメニューから挿入→カスタム制御器を選択します。
  5. パレットに追加するVIまたは制御器まで移動します。
    メモ メモ  検索ウィンドウに.viファイル拡張子が表示されない場合は、ファイルタイププルダウンメニューですべてのファイル (*.*)を選択してください。
  6. パレットに追加するVIまたは制御器を選択し、開くをクリックします。
  7. 制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスの変更を保存をクリックしてパレット変更をプレビューダイアログボックスを開きます。
  8. 継続ボタンをクリックして変更を受け入れ、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを閉じます。

関連情報

関数パレットまたは制御器パレットからVIまたはオブジェクトを追加する

カスタム制御器、表示器、およびタイプ定義を作成する

パレットセットでサブパレットを作成する

制御器および関数パレットセットを編集

パレット変更をプレビュー



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった