リングおよび列挙体制御器の項目を編集する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、リング制御器または列挙体制御器の項目を編集します。

  1. 制御器を右クリックして、ショートカットメニューから項目を編集を選択し、プロパティダイアログボックスの項目を編集ページを表示します。
  2. 以下のいずれかを行います。
    • <Insert>キーを押して項目を追加します。(macOS)Insertボタンをクリックします。
    • 項目を選択して、<Delete>キーを押して項目を削除します。
    • 項目を選択して無効ボタンを押すと、項目は無効になります。VIの実行中に無効な項目を選択することはできません。無効な項目を有効にするには、有効ボタンをクリックします。また、無効項目 []プロパティを使用して、プログラム的に項目を有効にしたり無効にしたりすることもできます。
    • 項目名を編集するには、項目をダブルクリックします。
    • 順序を変更するには、項目をドラッグアンドドロップします。
    • 空のセルにハイフン(-)を入力して制御器の項目リストに区切り線を作成します。区切り線とは、リング制御器または列挙体制御器のメニューの項目を区切る細い横線です。
    メモ  <Ctrl>キーを押したまま、複数の項目を選択し、目的の操作を行うことにより、複数項目をドラッグアンドドロップしたり、有効/無効を切り替えたり、削除したりすることができます。(macOS) <Command>キーを押します。(Linux) <Alt>キーを押します。
  3. OKをクリックします。

また、文字列 []プロパティを使用してリング制御器にプログラム的に項目を追加したり削除したりすることもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった